2008年05月11日

転職の経緯(2)

雨なので一日中家でだらだらと。昼寝が浅い眠りで3時間。長すぎる。まいったなあ。
お借りした本を読んだ。内容はいくつかの短い物語集である。いくつか心に残る話があった。読み直すためにもう少しお借りしておこう。

転職の続き。

転職を決意した自分は2006年6月頃にまずリクナビNEXTに登録した。自分の職歴を登録すると、早速オープンオファーと呼ばれる、企業からのオファーがいくつか飛び込んできた。オープンオファーは職歴のみをみて企業が接触してくるもので、企業には個人情報は伝わらない。よって希望する職種でなければ反応する必要はない。

次々と届くオファーを見て、自分のキャリアが「売れる」という思いを強くした。リクナビNEXTに登録したのは企業の反応を見たかっただけで、基本的にオファーに反応するつもりはなかったし、また転職したい企業は見つからなかった。

以上の感触を確かめた自分は8月に転職エージェント会社に登録した。実は転職を決意してから転職したい企業は始めから決めていた。前会社よりも規模の大きな同業他社である。同業他社なら今のキャリアを十分に生かせるし、通用すると考えたからだ。より高いレベル開発現場で学び、キャリアアップを果たせると当時は自信があった。また一方で大手だから人も多いだろうし負担もそんなに高くないだろうという甘い考えもあった。それと、もともと自分の会社選びは大手ブランド志向であった。

転職エージェントには希望する会社名を伝え、動いてもらうことになった。その間、プロジェクトで多忙な時間の合間を縫って、その会社の研究や面接対応セミナーなどを受講して準備を練った。1ヶ月後、エージェントより第一希望の会社からオファーがやってきた。あこがれていたその会社からのオファーに自分は即応募の連絡を入れ、書類選考に入ることになった。書類選考→適性検査・一次面接→二次面接という流れだった。

約2週間後、書類選考の通過と一次面接の案内を受け取った。なんと4日後に面接を行うという。やや慌てたものの、その会社を十分に研究し、SPI対策や妻を相手に面接練習などをこなしてきたので、自信を持って乗り込むことができた。

当日、会社側にアポイントメントが伝わっておらずその対応で遅刻するアクシデントがあったものの、適性検査は十分に解答することができた。そして面接。志望動機や転職してやりたいこと、また込み入った質問までほとんど滞りなく回答することができ、終始和やかなムードで面接を終えることができた。この会社に入社できる! その手応えを十分に感じた。


posted by tethys at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。