2008年06月30日

異動とうつ病カミングアウト

多くの企業では、この時期は異動の時期である。自分の会社も今日の部内ミーティングで大がかりな異動が公にされた。

異動がある人は事前に知らされているはずなので、それがなかった自分は、おそらく上司は変わらないだろうと思っていた。でも念のため、ミーティングの1時間前にコンスタンを頓服した。
結果、予想通り上司は変わらずとなったのだけど、不安な点があった。それは新しいメンバーと一緒になったとき、うつ病をカミングアウトしようかどうかである。

もし新しいメンバーが入ってくれば、自己紹介の場でカミングアウトしようと思っていた。その時はまたコンスタンのお世話になるだろうと考えていた。

そんな中、ミーティング後の課内ミーティングで異動の詳細が知らされた。自分の課は何人か抜けるものの、新しく入ってくるメンバーはいないという結果だった。正直ホッとした。今のメンバーは自分がうつ病からの復帰なのを知っている。

というわけで、7月以降もなんとか過ごせそうである。ただ、自分の課の隣は、以前所属した課となるようである。なんか気恥ずかしいなあ。


ラベル:うつ病 職場環境
posted by tethys at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

氷竜の逆鱗への道

世界樹の迷宮の話。

先日の日記から決心して、キャラを引退させてやってくる新人のレベルアップに取り組むことにした。

まずはパラディンを引退させてレベル1の新人を育ててみる。最下層のB30F辺りでレベルアップに勤しむ。始めはうなぎ登りにレベルが上がるものの、50に辺りになってから成長が鈍りはじめる。

いや〜、時間がかかるかかる。ほとんど単純作業なのだが、パーティ編成がホーリーギフトを持つバード二〜三人含まれるので、パーティ全体の攻撃力が弱く、うっかり操作を間違えると全滅しかねない。

こんな調子で、MAXの70までキャラを5人育てなくてはならない。今のところ1人も育っていない。これは苦行だ(笑)。

世界樹の迷宮IIでは、もともとIより処理スピードが速いことに加え、レベルアップがしやすい(反面お金が貯まりにくい)。けどIではレベルが上がりにくいことに加えて、操作するコマンドの手間がかかっている気がする。それで全体の時間がかかっているのだ。

どなたか効率の良いレベルアップ方法知りませんか?
posted by tethys at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

転職の経緯(6)

2007年の年明け、部長への怒りが収まらない自分はプロジェクトを投げ出しても良かった。どうせあと二ヶ月、年給もたまっているし退職するまで休んでやろうかとも思った。
しかし、メンバーへの迷惑を考えるとそこまでする勇気はなかった。部長・課長以外の先輩には恩義もあったし、そんな形になって別れるのは本意ではなかった。

そんなわけで、自分は退職するまで休むことなくプロジェクトに取り組むことになる。

デスマーチなプロジェクト状況だったけど、送別会はやってくれるだろうと思った。実際それに向けて若手が動いていた。

そんなある日、自分は若手にどんな面子が送別会に集まるのか話を向けた。彼は戸惑った表情で答えた。

「それが…課長の命令で…課としては送別会は行わない、プロジェクトメンバーだけでやれと…」

今まで尽くしてきた者に対する仕打ちがこれか、と思わず口にした。それを聞いた若手は非常に申し訳なさそうな顔をしていた。いや、君のせいじゃない、どうせ課長の裏にいる部長の命令だろうと答えてあげた。

部長は自分が入社してからずっと一緒だったので、人となりは把握していたつもりだった。明るくさわやかで面倒見のいい人だった。部長が課長だったとき、ある社員が退職することになり激励を込めた送別会を開いた。今度もそのような形になるだろう、それならば裏切られたわだかまりも水に流せるかもしれないと思っていた。

しかし部長になって人が変わったとこの時になってようやく気づいた。自分の裏切れない性格を利用して、退職まで徹底的にこき使わすつもりだと思い込むようになった。悪く考えれば考えるほど悲しくなって涙が出そうになった。

そんな状況を不憫に思ってか、若手は送別会ではなくプロジェクトのマイルストーンお疲れ会という形で、退職日に飲み会を開くよう動いてくれた。面子もプロジェクトメンバーにこだわらずいろんな人に声をかけてくれた。何はともあれ退職時に酒の席が用意されることになった。
(続く)


おまけ
続きを読む
ラベル:退職 転職
posted by tethys at 20:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

トレドミン追加

昨日の反動か、単なる波か、わからないけど今日は朝から絶不調。仕事開始から非常に眠いし、眠気が去っても仕事にほとんど集中できない。気分は超低空飛行。

昼休み中(食欲は問題なかった)も抑うつ状態で、早退も考えたが何とか踏みとどまった。今日は通院日で、帰宅してもまた出かけなくてはならないからだ。

そんな調子だから午後もボーっとしたままだった。今週に入って初めて休憩所も行った。上司から「進捗は気にしなくていい」と言われているものの、給料泥棒のようで申し訳ない気持ちだ。

自分は業務中に起こった気持ちを、午前と午後でメモをとっている。改めてこの二週間を振り返ると、集中できていない日ができる日よりも多いことがわかる。この辺をまとめて、先週早退したことも含めて主治医に伝えた。

その結果、アモキサンはこれ以上増やせないのでトレドミンが追加となった。これはほぼ予想通り。アモキサンとの併用はオーソドックスな治療方法だ。

自分の場合、薬が増えることに抵抗はない。やる気と集中力を得るためには躊躇しない。何もできずに時間が過ぎるのを待つのはつらいからだ。

とはいうものの、焦りは禁物。来週もできる範囲で行動しよう。
posted by tethys at 22:21| Comment(4) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

予想通りじゃなくて予想以上

昨日書いたように、午前中に困難なことをやり、午後に達成感を得られるような業務を行ってみた。

結果、午前中の業務で想像以上のストレスがたまってしまった。さすがにこれはヤバイと感じ、上司に相談を申し出た。

相談と言っても、「ストレスがたまってしまいました!助けてください!」というわけじゃなくて、今自分が取り組んでいることの詳細と、壁にぶち当たっていることを告げたかっただけだ。つまり、適切な話し相手が欲しかったのだ。

上司は嫌な顔一つせず、昼休みにわざわざ応接室を確保して応じてくれた。本当に感謝感謝である。もし相談できなかったら今日は早退していたかもしれない。

午後は完全なエネルギー切れになってしまった。前部署に出張して雑談したりと時を過ごし、定時がくるのをひたすら待って即退散。まあ、それでもほんのちょっとは業務を進められたのでこれで良しとしよう。

今日は危ない一日だった。でも、上司とこのような相談場を最近持っていなかったので、意識あわせという意味でも収穫だったと思いたい。
ラベル:上司 復職 うつ病
posted by tethys at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

集中してきた?

今週に入ってから休憩所に行くことが無くなった。先週までなら、午前と午後に必ず一回休憩所に行って5〜10分休むのだけど、今週は今のところ無い(実質2.5日しか経ってないけど)。

業務に集中できることはいいことだ。しかし業務の進捗がいかんともしがたい。午前中は1ファイル書き上げたものの、午後は先日調べたことのおさらいで終わってしまった。

かおりさんのおっしゃる通り、少しずつ達成感を得られればそれでいいはずなのに、欲が出てきてしまい、その結果、自分の理想と現実のギャップに苦しむ。「〜までしかできなかった」より「〜までできたのでOK」な思考のクセを身につけたいところだ。

今日の結果から考えるに、上記思考になりやすくするには、午前中に困難なことをやり、午後に達成感を得られるような業務を行えば良いのかもしれない。でも、それだと午前中の困難な作業でエネルギーが切れてしまうかも。

相変わらずしばらくは試行錯誤な日々が続きそうだ。
posted by tethys at 20:07| Comment(4) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

頓服2回

業務中久しぶりに閃輝暗点に見舞われた。これは偏頭痛の前兆である。とっさに机の中に常備してある頭痛薬を服用した。
頭痛薬の名前は、バファリンのゾロ薬「バッサペイン」。値段は本家の半分以下だ。パッケージがバファリンそっくりで、いっそすがすがしい(笑)。

とはいうものの、効果は発揮してくれたようで業務中頭痛に見舞われることはなかった。効果の切れた今は多少頭痛がするけれど。

自分は時たまこのような偏頭痛に襲われることがある。学生や就職したての頃は、激しい痛みと吐き気に悩まされ寝込むこともあったが、最近はそれほど酷くはない。年をとったせいもあるのかもしれない。

今日の発表は無事に過ごすことができた。発表予定の30分前にコンスタン0.8mg錠も飲み、比較的リラックスして臨むことができた。メンバーからの質問があったて怯むところもあったものの、他の人がフォローして答えてくれたりして乗り切ることができた。

というわけで、頓服を2回もやった今日だった。
posted by tethys at 21:52| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

除湿機購入検討

今日は適度に休息をとって調子の良い一日だった。先週もそうだけど何故か月曜日は調子がよい。世間はブルーマンデーと言うのにね。

だが明日は調べものの発表がある。課内で15分程度しゃべる予定のみだけどやっぱり不安と緊張でいっぱいだ。しかも課のメンバー全員の発表で自分は最後から二番目。きっと自分は他の人の発表内容と比較してさらに不安が増すに違いない。いよいよ明日は抗不安薬の頓服を試す時だな。

今日の調子が良かったのは、休息時に時間を忘れて調べるものがあり、それで業務上メリハリをつけることができたからだ。いつもなら抑うつ状態で物事に関心がないため、ダラダラと過ごすことしかできなかった。

調べていたのは除湿機除湿機でゴキブリと無縁な生活が送れるという経験を聞いてどんな機種があるのか調べていたのだ。
ゴキブリの件を妻に話したら、元々妻も除湿機導入を検討していて(ゴキブリとは関係なく)、今度の休みに実物を調べようと珍しく買い物で意気投合した。

調べてみると除湿機には、デジカント方式とコンプレッサー方式があるらしい。自分の住んでいるマンションは新築4年目で、冬はむしろ加湿機を使っているぐらいだから、使用するのは梅雨〜夏限定だろう。よってコンプレッサー方式の方がいい。
ちなみに今のマンションに引っ越してからまだゴキブリに出会ったことはないが予防するに越したことはない。

んー、どれにしようか今から楽しみだ。
posted by tethys at 19:04| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

さらばRD17G

PCのサブモニタとして使用していた三菱電機製17インチ型CRTモニタ「RD17G」。自分の中では最古参のPCパーツだ。

RD17G.jpg


そのRD17Gを今日限りで引退することにした。
購入したのが'95年4月頃だから13年間使用していたことになる。三菱電機の誇るダイヤモンドトロン管で、対応する水平同期周波数も幅広く、PC-9801のDOS解像度640x400から1280x1024までノンインタレースフリッカーフリーで映すことができる。
購入検討時に店員から「このモニタは別格です」と言われたのが印象的だった。ノンインタレースフリッカーフリーとか、もはや死語だな。

約10万円したのかな、当時学生でアルバイトで貯めて購入したから感慨深い。最初はPC-9801につなぎ、大学を卒業してからは持ち帰ったDOS/Vに変わって、結婚してからはメインを液晶モニタに変えて、それ以降はサブモニタとしてサブPCにつないでいた。住居も2度変わっている。
途中、正常に映らなくなり修理に出したこともあった。2万円近くかかったと記憶している。

映してきたOSも多彩だ。PC-9801用MS-DOS、DOS/V、WindowsもPC-9801・DOS/V用のVer3.1に始まって95/98/Me/2000/XPといろんなOSに対応してくれた。映像ケーブルも普通のRGBケーブルではなく、わざわざBNCケーブルを購入して接続した。PC-9801用のゲームからDVD視聴まで綺麗に映してくれた。

しかし、1280x1024という解像度はHD映像を映すことができない。Friioを使うようになってから用途の限界が見えていた。よって、リプレースすることにした。

さらばRD17G、回収費用は餞別と思うことにするよ。

代わりにやってきたモニタはBenQのV2400W。

V2400W.jpg


NTT-X Storeにて43,800円で購入した。スピーカーが完全に隠れてしまい横倒し。結構圧迫感があるなあ。
ラベル:friio PC自作
posted by tethys at 13:03| Comment(2) | TrackBack(0) | PC自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

Friioを2台つなげて同時録画

昨夜は2時過ぎに就寝して8時半頃起床。睡眠時間はいつもと変わらないな。

今日は先日届いた2台目のFriioをPC(Athlon X2 4850e)につないでみた。USBケーブルの長さは2mでPCに直つなぎだ。
Friioの最初の接続ではウィルスバスターをOFFにしないと認識しないことがケースが多い。OFFにするのを忘れてたがあっさり認識した。

そしていつも使っている録画ソフト「TVRock」の設定にて、「チューナーB」タブで「不利男 B」を設定。これで同時間によるW録画を試してみた。一方を「チューナーA」、もう一方を「チューナーB」に指定して同時刻で予約をセットしてみる。

指定時刻になったら、「Friio HDTV Player」と「Friio HDTV Player B」の二個が立ち上がった。おお、Friioも二つともLEDが赤になった。録画成功だ。むろん生成された2個のtsファイルもちゃんと再生できた。

Friio2台にしてもB-CASカードは1枚でOKだ。事前にいろいろ調べて知っていたことであったが、結構驚き。ドライバソフトを作っている人に感謝したい。

自分のビデオキャプチャPCには、Friioの他にMTVX2006HFというアナログチューナーカードを入れている。SD画質で良くて編集したい番組の録画と、VHSテープからのキャプチャに使用している。言わばトリプルチューナー体制だ。
自分の部屋にはアンテナ元が2つあり、一方を分配器を通じてFriio2台目とMTVX2006HFにつないでいる。

ビデオキャプチャ環境


今日は妻のお兄さんからビデオテープのDVD化の依頼があり、MTVX2006HFが活躍中。要所要所で使い分けられて役に立っているのは気持ちのいいものだ(笑)。
ラベル:friio PC自作 Athlon
posted by tethys at 13:43| Comment(4) | TrackBack(0) | PC自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

くたくたトレーニング(2/2)

昨夜は22時過ぎに床について6時起床。起きる直前は夢を見ていたようだが早朝覚醒はなかった。いつもよりも睡眠時間が長い割には睡眠の質はよい。

おかけでトレーニング2日目は、睡魔に襲われる等の体調面の疲れはなかったが、心の方はきつかった。

今回のトレーニングの参加者は、業務上の自分のパートナーと自分の二人だけ。自分の会社向けに用意されたカスタムトレーニングのようなものだ。そのため、用意された課題が急遽こしらえたものだったのようで、いろいろ問題が発生し、このままではトレーニングにならなかった。

ところがそれを見たパートナーがなんと1時間程度でそれを修正してしまったのだ。
確かに彼はこの手の専門部隊に所属しているとはいえ、あまりにも手際の良さと優秀さに驚愕した。自分の方は手も足も出ず、彼と比較してしまい惨めな気分を味わった。トレーニングが終わった後の帰り道で「本当だったら30分程度でできるハズだったのですけどね〜」という言葉にさらに落ち込んだ。

来月から本格的にこの業務に取り組む予定だ。その時自分は、彼の足を引っ張るだけの存在になってしまうのではないか。そう思っては心の健康に良くないことはわかっているけど、思わざるを得ない一日だった。

ちなみに前にも書いた通り、自分より彼は一回り年が若い。
posted by tethys at 22:35| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

くたくたトレーニング(1/2)

今日と明日は他社へ出張してツールのトレーニング。前職の時は、こういったトレーニングは大好きだったのだが、今は疲労しかない。

普段の業務ならばマイペースで休息をとれるものの、出張先ではそうはいかない。自分のペースじゃないのでかなりきつかった。また、相手の不手際でメンテナンスをずっと待つ時間があり、睡魔に襲われ倒れそうになってしまった。

やはり出張はまだまだ厳しいな。明日もあるので、今夜はそれに備えて、いつもより早く寝る!

でも今夜Friioが届いちゃうんだな…。っていうか、この記事書いてたら届いちゃった。
posted by tethys at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

早退しました。

どうも昨日の午後から抑うつ状態が強い。妻からも、様子がおかしいと言われる始末だ。

そして今日、復職以来初めて日内変動を味わった。会社に行くのがつらい。でも今日は月一の産業医面談があり休みたくなかったため出社した。

でも、午後は早退することにした。明日明後日で業務上の大事なトレーニングがあるため、それに備えることにしたのだ。一旦そう決めてしまうと、どんなに体調が良くなっても休んでしまうのが自分。会社を出るときはすでに午後業務に差し支えない程回復していた。もっとも気持ちが切れてしまっているので何もすることはできなかっただろう。

というわけで、これを書き上げたら明日に備えて昼寝をしよう。

ちなみに産業医面談では、自分は自己評価が厳しすぎると指摘された。60点くらいの気持ちでよいと。復職してから3ヶ月はこんな調子だから焦るなとも言われた。今はそれを信じてマイペースで行こう。
ラベル:うつ病 早退 昼寝
posted by tethys at 14:18| Comment(4) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

転職してうつ病になった場合の復職イメージ

今日の業務は午前中調子よかったものの、後半はエネルギー切れ。ちょっとブルーな一日だった。

今日は毎日たまに考えていることを述べたい。

うつ病になって休職、回復して復職すると、好不調の波を繰り返しながら寛解に至ると一般に言われている。図にするとこんな感じだ。

うつグラフ1.png


しかし転職してうつ病になった場合どうなるだろうか。健康な人が転職する動機の多くはキャリアアップのためだと思う。つまり、より高いレベルの職場で力を発揮したいという思いだ(現職場がイヤで転職する場合もあるがそれは置いておく)。

そんな人がうつ病に陥るのはどんな場合だろうか。人間関係とかもあるかもしれないが、自分の場合は新しい職場のレベルの高さについていけるのか不安になったのがきっかけだった。壁にぶち当たって落ち込んでしまったのだ。

自分の経験だけしか語れないけど、転職してうつ病の復職がつらいのは、新しい職場でのベストな自分をイメージできないことだ。普通の人ならば寛解に向けて自分のイメージなりがあってそれを目標にすることができる。しかし転職した場合はリセットされた人間関係や業務の中、手探り状態で過ごしていくことになる。つまり、明確なゴールが見えない。

もしかすると自分の能力・スキルが不足しており、越えられない壁があって、寛解してもその壁によってうつ病が再発することになるのかもしれない。

うつグラフ2.png


時たまこんな不安を抱えながら毎日を過ごしている。転職してうつ病になった他の人たちはどう過ごしているのだろうか?
ラベル:転職 うつ病 復職
posted by tethys at 20:03| Comment(8) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

逆鱗マラソン

今週の滑り出しは上々だ。体調もまずまず、業務もそこそこ集中できた。これも猫カフェの癒し効果か(笑)。

さて今日はDSのゲームの話。

先日の日記の通り、世界樹の迷宮II 〜諸王の聖杯〜はディノゲーターを倒して図鑑コンプリートしてエンディングを見ることができたが、実は前作の世界樹の迷宮は、あと一個を残してコンプリートしていない。

残すは「氷竜の逆鱗」だけなのだが、何度やっても出てこない。「火竜の逆鱗」「雷竜の逆鱗」は数回のトライでゲットできたのだが、「氷竜の逆鱗」だけは、もう30回以上挑んでいるけど全く出てこない。
それで投げ出していた。IIに比べてIは運の要素が大きい。

久々にWikiを覗くと乱数固定で倒す方法が記されていた。でも、これはキャラを引退させるのが前提のようだ。Iは引退してやってくる新人のレベルは確か1なので、MAXまで育て上げるのに結構な時間が必要だ。

Iでは引退させたキャラがいないので、5人揃えるには相当な覚悟がいる。通院の待合室での時間を使っていっそのこと挑戦してみるか?
posted by tethys at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

猫カフェで癒されてきました。

今日は妻とレナウンのセールに行った後、近くにある猫カフェを訪れた。
これは、自分がたまに「ぬこかわいいよぬこ」とつぶやいているのを知っている妻が、猫カフェオープンのチラシを見つけてきたのがきっかけ。

猫カフェの中はビルのオーナールームを改装したような感じで、カフェと猫ルームに分かれている。まずカフェに案内され、何かオーダーしてそれが出てくるまでの間、猫ルームで猫と戯れるシステム。料金は時間制だ。
猫ルームはリビングルームぐらいの広さで、その中に年が1ヶ月〜10ヶ月程度の猫が10匹強飼われていた。みんなちっちゃくてかわいい。

猫カフェにいたネコ


癒しの空間の提供を売りにしているだけあって、オルゴールCDのBGMが流れている。そんな中、1時間程度猫たちと遊んだ。う〜ん、先週が抑うつ状態だったから特に癒されるねこういうのは。

このカフェは翌朝の始発電車が動き出す時間ぐらいまで開いている。夜に癒しを求める需要がそれなりにあるのかもしれない。どんな客層なのか興味のあるところだ。

気持ちの良い日曜日を過ごすことができた。今週は気分が上昇するといいな。
posted by tethys at 20:34| Comment(5) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

転職の経緯(5)

2006年12月下旬、部長から「年明けに他のメンバーに伝える」と言われた自分は、退職するまでは精一杯がんばって尽くそうとプロジェクトに取り組んだ。もっともプロジェクトはスケジュールに対して既にかなり遅れており、10月頃から土日出勤は当たり前、週に3日ほどは終電を過ぎて近くのビジネスホテルに宿泊する日々になっていた。

そんな中で、メンバーに投下される自分の退職という爆弾。それは必ず実行されるのだが、時期は年明けということもあって、覚悟の程はその時あまり無かった。正月休みに腹をくくればよいと思っていたからだ。

しかし、である。

年末最終日の前日の朝、唐突に課長が自分のところに来て、「この後主要なメンバーに君の退職を伝えるから」と言い放って自分の席に戻っていった。
突然の出来事にしばし呆然としたが、我に返ると課長に詰め寄った。

「(伝えるのは)ちょっと待ってもらえませんか。自分の心の準備ができていません。あまりにも唐突すぎます。」

「いや、部長が今日伝えろと言ったから



年明けと信じていた自分はショックで脱力した。これ以上抗議する気力もわかなかった。ふらふらとした足取りで自席に戻ると、主要メンバー(全員ではない)が課長に呼ばれていった。もう手遅れだった。

戻ってきた彼らは抗議と不安が混ざったような複雑な表情を浮かべていた。そんな彼らを自分は申し訳ない気持ちで正視できなかった。彼らは直接自分に文句を言うことはなかった。それが余計に気まずい雰囲気にした。しかし、代わりのプロジェクトリーダーと最低限の引き継ぎスケジュールだけは決めておいた。

ショックが過ぎると、年明けという約束を裏切った部長に対して怒りが湧いてきた。でも、直接抗議したところで、過ぎた退職カミングアウトを戻すことはできない。
なので部長には、話す度にしつこく尋ねられた転職先を、最後まで伝えないことにした。こんな扱いをされて、どうして教えることなどできよう。

課長には怒る気にもなれなかった。最初にも書いたが、この人は部長の操り人形であり、むしろ自分と部長との板挟みで憐憫の情しかなかった。

こうして2006年は終わった。退職が伝えられたメンバーには気の重い終わりで、モヤモヤとした年末年始を過ごすに違いないと思い、自分も気が重かった。一方で、退職が伝えられたことでスッキリした気持ちもあった。でも、部長に対する怒りは収まることはなかった。
ラベル:転職 退職
posted by tethys at 23:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

眠れなかった〜

昨日の23時頃、捨てネコさんのところに「おやすみなさい」とコメントして、こっちもロヒプノール飲んで寝るところだったのに、Friioの販売に目が行ってしまった。

どうしようかなあ、バックアップとしてポチるかなあ、W録画させるにはどうするんだろうとか考えているうちに眠れなくなってしまった(笑)。

結局床についたのが午前3時過ぎ。眠りが浅いは夢を見るはで、結局6時半頃に起きることにした。まるでいつもの昼寝のような睡眠だった。

ロヒプノール服用でも、ちゃんと寝る意志を持って床につかないとダメなのかな? 効用が切れたとは思われない。

今日は出かけないといけないのに、シャワー浴びて一段落ついたら眠くなってきたよ〜

Friio? 結局ポチりました。
posted by tethys at 09:34| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

抗不安薬の頓服化

今日は、午後一から始まったドキュメントの読み合わせが終わって、くたばった。

ドキュメント自体は問題なかったが、その後でかわされるメンバー間の議論についていけず、この先仕事を進められるかまた不安感が襲ってきた。
読み合わせの後はエネルギーが切れてしまい、定時までほとんど業務を進めることができなかった。まあ、ドキュメントレビューという山を越えられたのだから、今日はそれでヨシと思おう。

で、掲題の件。

通院日の今日は、先日の日記で書いた通り、晩用の抗不安薬(コンスタン0.8mg錠)を頓服用にする提案を主治医にしてみた。結果その通りにして良いと許可が下りた。服用してから15〜20分後に効果が現れるそうだ。

また、今週に入って抑うつ状態が続いているので薬でどうにかならないか相談したら、アモキサンを増やしてからまだ二週間なので、もう二週間様子を見たいとの回答だった。

というわけで、今のところ薬の構成は変わらない。薬の効果が出るなり何でもいいから来週は調子が上向くといいのだが。
posted by tethys at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

うつと怠けの境界線

集中して業務ができない日々が続いている。
とはいうものの、何とかドキュメントは書き上げることができた。時間をかけた割に量は少ないけどね…。明日はおそらくこれの読み合わせがあるだろう。

ここ最近、離席も多いし休憩室にいる時間も長い。エンジニアなのに技術的な話題に関心が持てない。コレはちょっとヤバイ。
デスクに向かっても、業務と直接関係ない本やサイトを眺めることが多い。

ここで思うのは、自分が抑うつ状態なのか単なる怠けなのかどっちなのだろう?ということ。

主観的な疑問なので答えはハッキリ出てくることは永久にない。それはわかっていても悩んでしまうのだ。

今週は気分がトンネル状態で進んでいる。
ラベル:職場環境 うつ病
posted by tethys at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。