2008年06月21日

Friioを2台つなげて同時録画

昨夜は2時過ぎに就寝して8時半頃起床。睡眠時間はいつもと変わらないな。

今日は先日届いた2台目のFriioをPC(Athlon X2 4850e)につないでみた。USBケーブルの長さは2mでPCに直つなぎだ。
Friioの最初の接続ではウィルスバスターをOFFにしないと認識しないことがケースが多い。OFFにするのを忘れてたがあっさり認識した。

そしていつも使っている録画ソフト「TVRock」の設定にて、「チューナーB」タブで「不利男 B」を設定。これで同時間によるW録画を試してみた。一方を「チューナーA」、もう一方を「チューナーB」に指定して同時刻で予約をセットしてみる。

指定時刻になったら、「Friio HDTV Player」と「Friio HDTV Player B」の二個が立ち上がった。おお、Friioも二つともLEDが赤になった。録画成功だ。むろん生成された2個のtsファイルもちゃんと再生できた。

Friio2台にしてもB-CASカードは1枚でOKだ。事前にいろいろ調べて知っていたことであったが、結構驚き。ドライバソフトを作っている人に感謝したい。

自分のビデオキャプチャPCには、Friioの他にMTVX2006HFというアナログチューナーカードを入れている。SD画質で良くて編集したい番組の録画と、VHSテープからのキャプチャに使用している。言わばトリプルチューナー体制だ。
自分の部屋にはアンテナ元が2つあり、一方を分配器を通じてFriio2台目とMTVX2006HFにつないでいる。

ビデオキャプチャ環境


今日は妻のお兄さんからビデオテープのDVD化の依頼があり、MTVX2006HFが活躍中。要所要所で使い分けられて役に立っているのは気持ちのいいものだ(笑)。


ラベル:friio PC自作 Athlon
posted by tethys at 13:43| Comment(4) | TrackBack(0) | PC自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。