2008年06月28日

転職の経緯(6)

2007年の年明け、部長への怒りが収まらない自分はプロジェクトを投げ出しても良かった。どうせあと二ヶ月、年給もたまっているし退職するまで休んでやろうかとも思った。
しかし、メンバーへの迷惑を考えるとそこまでする勇気はなかった。部長・課長以外の先輩には恩義もあったし、そんな形になって別れるのは本意ではなかった。

そんなわけで、自分は退職するまで休むことなくプロジェクトに取り組むことになる。

デスマーチなプロジェクト状況だったけど、送別会はやってくれるだろうと思った。実際それに向けて若手が動いていた。

そんなある日、自分は若手にどんな面子が送別会に集まるのか話を向けた。彼は戸惑った表情で答えた。

「それが…課長の命令で…課としては送別会は行わない、プロジェクトメンバーだけでやれと…」

今まで尽くしてきた者に対する仕打ちがこれか、と思わず口にした。それを聞いた若手は非常に申し訳なさそうな顔をしていた。いや、君のせいじゃない、どうせ課長の裏にいる部長の命令だろうと答えてあげた。

部長は自分が入社してからずっと一緒だったので、人となりは把握していたつもりだった。明るくさわやかで面倒見のいい人だった。部長が課長だったとき、ある社員が退職することになり激励を込めた送別会を開いた。今度もそのような形になるだろう、それならば裏切られたわだかまりも水に流せるかもしれないと思っていた。

しかし部長になって人が変わったとこの時になってようやく気づいた。自分の裏切れない性格を利用して、退職まで徹底的にこき使わすつもりだと思い込むようになった。悪く考えれば考えるほど悲しくなって涙が出そうになった。

そんな状況を不憫に思ってか、若手は送別会ではなくプロジェクトのマイルストーンお疲れ会という形で、退職日に飲み会を開くよう動いてくれた。面子もプロジェクトメンバーにこだわらずいろんな人に声をかけてくれた。何はともあれ退職時に酒の席が用意されることになった。
(続く)


おまけ
続きを読む


ラベル:退職 転職
posted by tethys at 20:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。