2008年07月04日

この先どうなっていくのかなあ

休養が功を奏したのか、トレドミンが効き始めたのかわからないけど、今日は何とか定時まで時間を過ごすことができた。
昨日と今日は上司が出張で、今日の午後に出張先から自分に直接電話がかかってきた。昨日の午後早退のメールを見て連絡して下さったのである。くれぐれも無理をしないようにと言われた。お心遣いに感謝したい。

とはいうものの、業務の進捗は思わしくない。今のプロジェクト状況では放置プレイされても仕方がないものの、何かするべきことを見つけて動かなくてはいけない。

だが自分はどちらかというと指示待ち型人間。なかなか自分から動けないのだ。いや、今は動けなくてもいいのかもしれない。現状はプロジェクトの過去を追跡するだけで手一杯な状態である。

今月半ばからプロジェクトも本格化する。若手ながら優秀なパートナーと一緒で、自分はついていけるのか、足を引っ張らないか、ただの傍観者で終わってしまうのではないか。とても不安である。

これは自分がうつ病になったときと同じ状況だ。

このままでは、前の二の舞である。どうにかしなくてはいけない。

でも、この不安感を完全に取り去ることは不可能だろう。それは自分の性格を変えることに等しいからだ。この年で性格を変えるなど不可能だ。

それではどうするか。それはこの不安感とうまくつきあっていくことだ。不安感は、自分がダメになってしまう前の警告サインである。これを素直に受け止め、大切にして理解していき、行動を変えればよいのである。

たぶんフォーカシングの一種だろうけど、具体的にどのようにすべきかはまだわからない。時間はある。じっくり検討してみよう。

それに今回は薬という強い味方もいる。前のようにはならない。そう信じている。


posted by tethys at 19:22| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。