2008年07月11日

適応障害

抜け殻状態は今日も同じだった。定時即退散。他人の目は気にしていられない。

ただ、今日はプロジェクトのリーダーに声をかけられた。上司を通じて自分が低調であることを知って接触してくださったようだ。
今回のプロジェクトは100点満点の結果を求められるものではないので気楽にいって欲しい、何かわからない点があればいつでも声をかけて来て欲しいとのことだった。関係者に気を使ってもらっている自分は非常に恵まれた環境にいると思う。

リーダーと話して気は晴れたものの、デスクに戻ると途端に低調になってしまう。うーむ。

今日は通院日で、主治医にこの2週間の状態を伝えたところ、適応障害かもしれないと言われた。業務内容そのものがストレスとなっている可能性があるので、上司と業務内容について相談した方がよいとアドバイスされた。

そう言われてみると、そうかもしれない。何せ体調は良いからだ。抗うつ剤のおかげもあるが、食欲もあるし、よく眠れる。

かといって今の業務を変えるのは躊躇する。今の職場環境はかなり恵まれており、プロジェクトメンバーも皆いい人たちだ。プロジェクトが本格化する前から辞退するのは、逃げ癖がついてしまうと思うからだ。

自分は転職前、前職のプロジェクトリーダーを完遂する前に退職してしまった。転職後はうつ病なり、担当していた業務を投げ出してしまった。
今また「逃げる」ような行動には移したくない。

来週の朝一に上司との面談がある。適応障害については一応報告するが、業務は変えないつもりであることを伝えると思う。今は、案ずるより産むが易しの精神でぶつかっていきたい。

ということで、さらに気持ちをアップさせるためトレドミンが倍増となった。抗不安薬は朝もやめて頓服でいくこととし、デパスを処方してもらった。

来週から本格化するこのプロジェクト。とりあえずぶつかって、砕け散ったらその時はその時だ(笑)。


posted by tethys at 22:40| Comment(4) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。