2008年08月07日

挑戦の始まり

挑戦といっても、負担が大きいのは妻の方だけど。

自分ら夫婦には子供がいない。
昨年妊娠に至ったのだが、残念ながら流産してしまった。

以降、タイミング療法や人工授精に何度かトライしているものの、未だに授かっていない。

妻も高齢出産に近い年齢となり、ついに体外受精を行う決断をした。

先月から妻の体の調整を始め、今日妻の生理が始まり、早速診察して血液のホルモン検査がOKとなった。よって来週末には採卵となる予定だ。

体外受精でも妊娠する確率は決して高くない。でも子供が欲しい気持ちをあきらめることはできない。
自分が抗うつ剤にSSRIを避けるのはこのためである。

体外受精の結果をこのブログで知らせるかどうかは未定だ。

子供が生まれて育ったときに、自分が健康な父親になっていることを願いたい。

…とその前に、自分の性機能が心配である(笑)。


posted by tethys at 21:20| Comment(8) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。