2008年08月25日

もののとらえ方の変化

週初め。業務はいつもの通りスローペースである。午前中の業務で一つ達成感を得ることができた。それだけでも今日は良い日だったのかもしれない。

午後の出張で、各々が記述したソースコードのレビューを行うことになった。レビューするのは自分の他にパートナー、リーダーの3名。それぞれのソースコードが白日の下にさらされた。

やはりパートナーは優秀だ。いろいろトライした結果を綺麗にまとめて記述されている。ちょっと見ただけでも、到底かなわないと思ってしまう。
リーダーは我々より遙かに限られた時間ながら、いろんなケース想定して記述されていた。さすがとしか言いようがない。

それに比べて自分はどうか。やっとこさできたのはシンプルなソースコードだった。レビュー時間も短く、あんなに時間をかけてこの程度と思われても仕方のない成果だった。

いつもだったら、二人と比較してかなり落ち込んでしまい、これでは能力不足で脱落するのではないかと不安感に包まれるところである。

しかしながら、今日はそのような気分はほとんど感じなかった。サバサバして、後日がんばればいいやと気分が前向きになっていた。正直言って、二人のペースについていくのがやっとの状況なのにである。

薬のおかげかもしれない。あるいは、かおりさんから紹介されたバイオリズムで、全てがプラスになっていたからかもしれない。いずれにしても、少なくとも今日は、もののとらえ方が変わった気がする。

いつもこの気持ちを持てれば、いつかは落ち着くところに落ち着くだろう。こんな気持ちを大切にしていきたい。


ラベル:不安感 うつ病
posted by tethys at 19:57| Comment(9) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。