2008年09月02日

この気持ちの割り切り具合は…

課内ミーティングは無事に話すことができた。でもここのところ進捗がほとんど無いので、早くも来週のミーティングが心配だ。

これとは別に、残業時間に今日は自分が関わっているプロジェクトの中間報告会があった。資料作りはパートナーが行い、しゃべりはリーダーがやってくれたので、自分は、何の戦力にもならず置物のようなものだった。

プロジェクトへの興味本位に続々と人が集まってきたので、嫌な予感がして、課内ミーティングでは飲まなかったデパスを服用した。

案の定、交わされる議論に全くついて行けず、かなり落ち込んでしまった。正直言って、もうこれ以上このプロジェクトについていけないのではないかと思ったほどだ。デパスを飲んでいなかったら倒れていたかもしれない。

しかしながら、喉元過ぎれば熱さを忘れるじゃないけど、その後同僚と雑談しているうちにその落ち込みが消えてしまった。そして今これを書いている時は、明日がんばろうという気持ちに変わっている。

我ながら驚くほどの割り切り具合である。日内変動や、気持ちが前向きになったと考えることもできるけど、これではいつか破綻が来るのでは逆に心配になってしまう。

速断は禁物だけど、この先慎重に経緯を見守る必要がありそうだ。


posted by tethys at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。