2008年11月30日

寛解のイメージ

うつ病についていろんなサイトを巡ってみて、それぞれ「寛解」のイメージが違うことに気づく。

ある人は復職可能になった時点で寛解と判断するし、またある人は薬が不要になった時点で寛解と思う。「治癒」とは違う言葉なので、寛解をどうとらえるかは人によって違うのは別に不自然なことではない。

自分にとって寛解とは、健常者と同等の仕事のできる状態になることと思っている。つまり、うつ病だからといって特別扱いされるのではなく、他の人と同様に扱われることだと考えている。

転職してうつ病になり、今は特別扱いされている自分にとって、寛解は1年先か2年先かわからない。転職した職場において新しいイメージを構築する必要がある。
でも焦ることなくそれを目指していきたいと思う。

参考
転職してうつ病になった場合の復職イメージ


ラベル:うつ病 転職
posted by tethys at 19:26| Comment(9) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。