2009年01月23日

レキソタンを止めてみる

ここ最近、レキソタンは効いているのかなあと感じていた。

一応、朝晩はちゃんと服用しているけど、不安が収まったという感じはしないし、そもそも今の状況だと、配慮してくれているおかげで強い不安に襲われることもない。
たまに昼食で服用しないことがあった。でも、午後の業務に支障が出ることはなかった。

上記を踏まえ、今日主治医にレキソタンを止めるよう提案してみた。
主治医は朝晩に減らすことを提案したが、デパスもあるしこの際止めてみますと返答した。
それを受けて、レキソタン断薬は了承されたものの、アナフラニールを増やすとのことだった。アナフラニールには不安を鎮める作用がある。主治医の処置は理にかなっていた。
とはいえ、抗不安薬が減って抗うつ剤が増える。うーん、痛し痒しと言ったところ。

ところが、診察が終わって処方せんを受け取ったら、アナフラニールは増えていなかった。
今日の主治医はとても忙しかったようで(実際診察まで90分待たされた)、忘れていたのかもしれない。

レキソタンはまだ手元にある程度あるし、ま、いいか。
次の診察までレキソタン無しでいこう。もし強い不安感に見舞われたらデパスがあるしね。

 アモキサン 50mg/日
 アナフラニール 50mg/日
 レキソタン 6mg/日->無し
 デパス 0.5mg頓服
 コンスタン 0.8mg頓服(ここ数ヶ月全然服用していない)


posted by tethys at 22:53| Comment(4) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。