2009年02月07日

Xデーが近づくプルート

今週の日曜の夕方、去勢手術のための身体検査にプルートを動物病院へ連れて行った。

外へ連れ出したら粗相をやらかした実績のあるプルートを安全(?)に運び出すため、我々は一計を案じた。

それは、休日はケージを開放するプルートをケージの中に入れることである。

実はプルート、ケージに入れると抗議のトイレをすることがたまにある(トイレはケージの中にある)。
平日の朝は妻が後から出勤するのでよく経験するらしいが、あらかじめケージに入れておいて身支度をしていると、いつの間にかトイレをしているらしい。トイレをすると後始末のためケージを開けることを知っているかのようである。
最初の頃はそのせいで電車を一本遅らせることがよくあったそうだ。

そんなわけで、当日の午後、ある程度食事も食べたプルートをケージの中に入れてみた。
果たせるかな、1時間後にプルートは立派にトイレを済ませていた。

おかげで、夕方プルートを安心して外に連れ出すことができた。動物病院への道すがらプルートは不安そうに鳴いていたけれど、粗相することなく往復した。

診察の結果、プルートの体重は約3.2kg、健康上特に問題もなく、手術はいつでもできるとのことだった。動物病院で一泊するので、日程の都合上、2月21日に去勢手術することが決まった。

去勢をすると性格が変わっちゃうのかな。
できれば今までと同じく、ビビリだけど甘えん坊でやんちゃで元気なプルートでいて欲しい。

ふにゃ〜


posted by tethys at 23:19| Comment(4) | TrackBack(0) | ネコバカ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。