2009年05月05日

うまくいくかな?

採卵日。朝一にクリニックに行った。
妻が採卵の手術を受けている間、自分は採精室にて自分で採精(笑)。

手術は30分程度で終わった。
麻酔無しだったけど、妻によるとそれほど痛くなかったそうだ。良かった良かった。麻酔無しだったので、クリニックを後にしたあと、二人でいろいろ出かけた。

そうこうしているうちに、クリニックから妻の携帯に電話がかかってきた。
悪い知らせかと思いきや、自分の精子の質がこれまででもっとも良かったので、顕微授精の必要はなさそうとのことだった。朗報だ。
ならば顕微授精ではなく体外受精でやって下さいと返答させた。自然に受精させるのに越したことはないからね。

実は、自分の精子は、乏精子症というほどではないにせよ量と質において普通の人よりも良くない。これは人工授精をしていたときも常に言われていた。なので、前回の体外受精の時は顕微授精だった。
詳しい数値まだ見ていないけど、顕微授精不要まで到達したのは嬉しい誤算だ。これもエビリファイの性欲亢進作用の結果(まさかね)?

受精したかどうかは明日電話することでわかる。このクリニックでは受精しなかった場合、顕微授精を行わない方針なので、その時はまた体調を整えて採卵まで戻る。

とにかく明日、受精してくれることを祈りたい。

ちなみに休職時、泌尿器科にて自分の性機能に問題がないか調べてもらったところ、自分はやや逆行性射精の傾向があると言われた。それを治すのに提案された薬がアモキサンだった。
結局、その時服用していたので、泌尿器科としてそれ以上手は出せませんとのことだった。
そんな話を今の主治医に話したところ、そういう治療にアモキサンが使われていることを初めて知ったようで興味深そうに耳を傾けていた。

男性の検査は簡単ですから、子供が欲しい男性の方は一度泌尿器科で検査してもらいましょう。
(どういうまとめだ)

ペタしてね



posted by tethys at 17:38| Comment(9) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。