2009年07月04日

うつ病になった経緯(2)

えー、久々にこのカテゴリのエントリを書きます(笑)。前回が昨年9月だったので、およそ10ヶ月ぶりですね。
記録をとっていないから記憶が頼りで、中には思い出すのがつらいものもありますが、何とか書き残しておこうと思います。



自分が入社した頃は、プロジェクトが現在進行形で進んでおり、自分はその中で手伝いで仕事が舞い込むような形だった。具体的にはスポット的に依頼が入り、それについて仕事を行い、結果をレポートしレビューするという流れであった。

この頃は、会社のレベルと自分のスキルの差を毎日痛感する日々だった。入社2年目移行の若手はすでに自分と同等のスキルをを持ち、新人は周りをうまく活用しながら課題をこなしていく。コミュニケーション能力の乏しい自分は周りから取り残されたような気分だった。

周りが作るレポートはどれもまぶしく立派に見えた。自分もそれを真似したいのだが、なかなか筆が進まない。やっと作ったレポートも、自分ではとても満足できない代物だった。

レビューも怖かった。とにかく何を言われるか予想できない。レビュー予定日の一週間前から思い悩む日々だった。結果から言えばレビューで特に攻められることは無かったものの、レビュー前の不安感は毎回消えることはなかった。

そんな中、2007年夏、新しいプロジェクトが立ち上がり、自分は正式にアサインされるようになった。

ようやく責任ある仕事を任されるようになった、がんばるぞ!…などという気持ちには到底なれなかった。自分につとまるだろうかという不安感が強く出ていた。
それでも何とか業務内容を把握し、設計業務に移ることになった。

しかし、プロジェクトが始まったら他のプロジェクトメンバーの仕事の速さに驚いた。自分が速度1とするなら周りは5〜10に見えた。これを見て、これから先、この会社でやっていけるのだろうか…そういった不安感が強く出るようになった。

もう我慢できない。これはどこかで吐き出さないと壊れてしまう。
会社にはメンタルヘルスの相談電話が設けられていた。そこに電話相談をすることにした。
応対に出たカウンセラーさんに話を聞いてもらい、今でも通っているクリニックを紹介されることになった。
2007年9月のことであった。

(続く)
ペタしてね


posted by tethys at 14:29| Comment(12) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。