2009年09月06日

RD-X9+PLAYSTATION3+HDMIセレクタ+HDFury2+HDブラウン管TV(追記あり)

昨日、RD-X9を購入した。主な用途は、妻の趣味である今シーズンのフィギュアスケート番組を録画するもので、自分は使わない。
Blu-rayレコーダーを欲しがる妻に、「どうせ見て消しが多いんだし、ディスクに残したって見ないでしょ」と強引に説き伏せ、購入と相成った(笑)。



問題は、ウチのTV(SONY KV-32DRX9)との接続だ。3つあるコンポーネント端子(D端子)は全て埋まっているので、セレクタが必要となる。
しかし、D端子セレクタは高額な上、RD-X9の持つアップコンバート機能「XDE」は、HDMI出力が必要だ。
(追記)
「XDE」はD端子でも可能でした。


そこで今、PLAYSTATION3に接続されているHDFury2の出番となる。HDFury2自身は以前も取り上げたのでそちらを参考にして欲しい。

HDFury2を、PLAYSTATION3とRD-X9で共有するため、HDMIセレクタが必要だ。HDMIセレクタなら手ごろな価格で売られている。今回はオーディオテクニカのAT-SL91HDを購入した。



これで、PLAYSTATION3とRD-X9をセレクトし、セレクタからの出力をHDFury2に接続して、TVに接続する。

hdmi.png


最初は、こんなに機器を噛まして、果たして正常にTVに写るか心配したけど、PLAYSTATION3もRD-X9もあっさりと写ってしまった。
特にRD-X9は初期設定画面で、自動的にD3と認識し1080iで出力されたのには感動した。
なんの苦労もなかったので、特筆すべきこともない(笑)。

HDブラウン管TVをまだ愛用したい人への参考になれば幸いである。


ラベル:PC自作
posted by tethys at 12:58| Comment(13) | TrackBack(0) | PC自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。