2010年02月12日

突然の訪問者にビックリ

今日は(も)引きこもっていたところ、呼び鈴が鳴りました。
相手はマンション業者で、年に一度の防火設備の点検日でした。

半分寝ぼけていたので、何も考えずにドアを開けて招き入れ、点検が始まりました。
そう、ネコ達のことをすっかり忘れていたのです。

気づいたときは、ネコ達は姿を消していました。
見渡す限りどこにもおりませんでした。

点検でドアや窓を開けてしまったので、その時に外に出てしまったのではないかと青ざめました。

部屋中を必死に探した結果、窓のカーテンの中にプルートを見つけました。見知らぬ訪問者にかなり警戒しているようで、さわろうとすると、脱兎のごとく他の部屋に逃げていきました。

シャロンの方は点検が終わって業者が帰るまで見つからずじまいでしたが、部屋中探した結果、プルートがいた反対側のカーテンの端に縮こまっているのを見つけました。尻尾を巻き上げて完全にビビリ体勢でした。

ひとまず二匹とも無事で一安心。
業者が去った後も、二匹とも警戒態勢がなかなか解けず、椅子の下に縮こまっていました。

pluto_2481

charon_0634

しかしまあ、警戒心の高いロシアンブルーであるプルートはともかくとして、シャロンの警戒ぶりは意外でした。
スコティッシュフォールドって、人なつっこいのではなかったでしたっけ?

ペタしてね


posted by tethys at 16:36| Comment(5) | TrackBack(0) | ネコバカ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。