2011年12月04日

とりあえずおさえています

個人的には、昨日のベンチャー企業の面接が今回の就職活動のピークだったと言える。
とはいえ、先週はそれだけに注力しただけでなく、技術者派遣会社関連の活動も並行して行った。

まず、客先でファーム開発とミスマッチで前回不首尾に終わった派遣会社(A社)から、別の客先紹介をうけた。
仕事内容はほぼマッチ。訪問したその日のうちに、こちらに来て欲しいとの要望を客先から
A社を通じて受け取った。

翌日は、別の技術者派遣会社(B社)で客先訪問。これも技術的には問題なく、
これはその場でOKをもらった感じだった。

さらに翌日、一ヶ月以上放置されていた会社(C社)よりお仕事の案内をいただいた。
内容も興味深く、是非話を聞かせて下さいと返答した。

というわけで、こちらが望めば、雇用契約を結んでひとまず契約社員として職に就くことができそう。

そして、ようやくこの段階になって、賃金その他の雇用形態が開示されることになる。
A社は、客先から返事をもらったその日に書類をメールでもらい、妻に目を通してもらった。
B社は、直接営業所に自分が出向き、開示される予定。今週早々になりそうだ。
C社は、面接後に契約社員としての雇用を明示していたので、大まかな労働条件をそのとき提示してもらっていた。

こちらとしては、仕事内容・労働条件・勤務地などを考慮して、できるだけ返事を引き延ばして
本音を言えば天秤をはかりたいところ。
詳細な条件を提示したA社は妻によると、あまり良くない条件とのこと。
しかし、絶対比較なので、B社・C社からも情報をもらって相対的に比較したい。

あとはどれだけ時間がかせげるかだ。上記三社の中で、返事をせっつかれているところもある。
こっちも人生を賭けているのだから、そういった後ろめたさをあまり感じないようにして
冷静に決断を下したい。

P.S. コメント返答いたしました。遅れて申し訳ありませんでした。


ラベル:うつ病 就職
posted by tethys at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 無職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。