2012年01月10日

初日を終えて。

バタバタしつつ、初日を迎えた。

準備できていないとか、スタミナが無いとか、いろいろ不安要素があったけど、
結果的には順調な滑り出しをすることができた。

まず、仕事内容として、不安よりも、やりがいの方が気持ちとして強く出たのが大きい。

これは、全くの徒手空拳なところでなく、ハードルがあっても越えられそうな見通しがついている事による。
これなら何とかなる…と無意識に思えたことが非常によかった。
たぶん、仕事のレベルが低すぎてもダメだし、高すぎたら論外。自分にとってちょうどいいレベルである。

派遣先のマネージャーさんも自分についてとても配慮してくれて、しばらくは残業0というスタートを約束してくれた。
徐々にステップアップできるという感触を得た。

自分のために、おそらく新品と思われるPCを与えられたりして恐縮しつつも奮起する重要なファクターと思った。

まだまだ躁スイッチは全開のようで、プロジェクトの詳しい打ち合わせで質問したり自分の意見をしゃべりまくったりしていた。前の会社では考えられないことだ。
あとあとになって、これがマイナスイメージになりませんように(笑)。
職場環境も非常にスッキリしていて仕事に集中しやすい。勤務先としてはこれ以上のない待遇だ。

とはいうものの、ハードルを乗り越えるきっかけを得るために、帰宅後に、前の会社で大変お世話になった人に電話で相談したり。
的確なアドバイスをいただけて本当に嬉しかった。

初日ということで、覚えるべき事柄とやるべきことが一気に流入してきた。
これに慌てないように、一つ一つ書き出して、自分的にプライオリティづけをして、
明日へのToDoにまとめた。もちろん現実は突飛な割り込みも発生するけど、基本はこれに従って計画通りに仕事を進めていきたい。

というわけで、初日は予想以上の滑り出しをすることができた。
これで調子に乗らず、やり過ぎて失速しないように、注意しながら慎重に今週は過ごしていきたい。


ラベル:うつ病 就職
posted by tethys at 22:56| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。