2012年02月06日

ぶつかり合いながら着地点を見いだす。

働き始めてから5週目。なかなか職場に馴染めずにいる。

派遣先の自分への業務命令の理解にまだまだギャップがあるのだ。
つまり、「●●をやれ」という命令に対して、
何を、いつまでに、どの程度やるか

が、具体的に指示されてないとこっちは感じている。

なので、業務内容を逐一報告せずに業務を進めると、
「そういうのを求めていない」とか言われる。
ミス無く確実に業務を進めようとすると、
「遅い」と言われる。

技術者としては反論したところであるが、こちらは派遣社員。
サービス業としてはそこで自分が暴れたらプロ失格なので耐えるようにしている。

しかし、とうとう耐えきれずに先週、指示するマネージャーさんの上の方に
メールで直訴してしまった。その方はかなり焦ったようで、翌日マネージャーさんと
ともに呼び出された。結果的に自分の立ち位置や相手の求めることがわかったので
満足しているが、あちらさんは根に持っているのかもしれない。

もう40も近くなり、これ以上無駄な足踏みはしたくない焦りもある。
つまり、自分的に技術向上の望めない仕事はなるべく長期間関わりたくない。
キャリアに傷がついてしまうからだ。

どの会社だっていつまでも安定しているわけではない。
そうなると、また就職活動せざるを得ない機会が否応なしに訪れるかもしれない。
その時、とにもかくにも重視されるのは職歴(キャリア)だと思う。資格ではない。
自分的には、資格を重視する会社ならたぶんそこで自分は長続きしないだろう。

というわけで、自分を守りつつも今の職場に馴染めるような着地点を模索している。
とかく、イライラしがちなので、次回の通院ではサインバルタを抜く提案をしたい。


posted by tethys at 22:49| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。