2008年06月24日

頓服2回

業務中久しぶりに閃輝暗点に見舞われた。これは偏頭痛の前兆である。とっさに机の中に常備してある頭痛薬を服用した。
頭痛薬の名前は、バファリンのゾロ薬「バッサペイン」。値段は本家の半分以下だ。パッケージがバファリンそっくりで、いっそすがすがしい(笑)。

とはいうものの、効果は発揮してくれたようで業務中頭痛に見舞われることはなかった。効果の切れた今は多少頭痛がするけれど。

自分は時たまこのような偏頭痛に襲われることがある。学生や就職したての頃は、激しい痛みと吐き気に悩まされ寝込むこともあったが、最近はそれほど酷くはない。年をとったせいもあるのかもしれない。

今日の発表は無事に過ごすことができた。発表予定の30分前にコンスタン0.8mg錠も飲み、比較的リラックスして臨むことができた。メンバーからの質問があったて怯むところもあったものの、他の人がフォローして答えてくれたりして乗り切ることができた。

というわけで、頓服を2回もやった今日だった。


posted by tethys at 21:52| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バッサペイン愛用者ですか?かおりもですよー。効きは一緒やから安いほうにいってしまいました〜。かおりの場合は痛み止めとして使ってます。上手に使えば、お薬は強い美香ですよね。
発表、無事に乗り切れたようでよかったです。毎日、少しずつこういう風に、何かを達成できるようになれれば、いいですよね〜(*・ω・*)
Posted by かおり at 2008年06月25日 11:42
おー、それは奇遇ですね。他にも「バッサリン」とか「バッサニン」とかあるようです。
自分は店員に勧められて購入するまでゾロ薬(後発医薬品)というものを知りませんでした。買った当初は怪しい薬だなーと思ったことも(笑)。ブランド志向な日本人ならではですね。
でも、仕組みを知ればちゃんと効く分経済的ですよね。これからもゾロ薬指向でいきたいと思います。
Posted by tethys at 2008年06月25日 18:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。