2008年08月01日

僕は君の虜

出張先での午後、作業を続けているうちに、唐突に自分の将来を悲観するようになった。

この会社でこの先立派にやっていけるのだろうか…
他の社員の10分の1ぐらいしかこれからもできないんじゃないだろうか…

悲観的な考えがぐるぐる回り、作業が滞りがちになってしまう。こりゃどうしたものかと思っていたら、

昼食後にレキソタンを飲むのを忘れてた


慌てて財布から取り出して飲む。
ふー、気分が落ち着く。作業も再開できるようになった。

もう依存症?


posted by tethys at 18:52| Comment(4) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おぉ〜!薬の効果てきめんですね〜。
忘れずに飲みましょうってかんじですね。
今は依存しときましょうよ(≧∇≦)そのうち、飲まなくていい日が来ますから!
Posted by かおり at 2008年08月01日 23:17
普段は意識していなかったのですが、改めてレキソタンの強力さを思い知らされました。

おかげで危ういバランスながら、あまり不調にならずに日々を過ごしています。後は時間が解決することを願っています。
Posted by tethys at 2008年08月02日 07:35
薬が効くという実感は、大きな安心感をもらえますよね!

適切な量の薬なら、補助してもらいながら生活した方が良いなと思います。きっと体の自然治癒力が、薬を飲まなくて良い状態に戻してくれるはずですから!
Posted by はいあーる at 2008年08月02日 11:02
薬を飲むこと自体は抵抗はないのですが、今の構成は依存気味にならないか心配です。ある程度は底上げされても、それ以上は行かないような不安に駆られます。
時間はかかっても、体の自然治癒力に期待したいですね。
Posted by tethys at 2008年08月02日 19:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。