2008年08月08日

さらに引いてみよう

今日は通院日。

先日早退したことよりも、体外受精の件で主治医と話がはずんでしまった。早退は体調の波によるものだろうとのこと。

押してダメなら引いてみるの続きで、さらに引いて、不安感をなくすように薬の調整をお願いした。その結果トレドミンを漸減して、ダウナー系(沈静系)のアナフラニールを加えることにした。

 アモキサン 100mg/日
 アナフラニール 50mg/日
 トレドミン 100->50mg/日
 レキソタン 6mg/日
 デパス 0.5mg頓服
 コンスタン 0.8mg頓服

一見すると、ぎょっとするような薬の種類の多さだ(笑)。

アナフラニールは副作用が心配だが、来週は盆休みだから、仮に強く出たとしても何とか過ごせるだろう。

これで、仕事がうまくいかなくても割り切れるようになれればいいな。


posted by tethys at 21:46| Comment(8) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お薬の変更と体外受精、うまくいくといいですね。
お盆休みはゆっくりなさってくださいね。
Posted by 熊五郎 at 2008年08月08日 22:36
ありがとうございます。
盆休みは特に計画も立てず、ゆっくり過ごす予定です。
Posted by tethys at 2008年08月08日 23:18
お盆休みですね〜。
家でぼ〜っとして、甲子園とか見てすごすのも、夏!ってかんじでいいですよね〜(≧ω≦*)
お薬が体に合いますように♪
Posted by かおり at 2008年08月09日 02:30
薬は確かに少し多いですね。
副作用が少し怖いでしょうが、
こればかりはわかりませんからね…

少し調子が良くなればいいですね〜
Posted by けん at 2008年08月09日 04:04
うつ病を抱えながらお仕事をされていて、
体外受精にも挑戦していらっしゃるのですね。
すごい今が大変な時期なのですね。
そんなときはやっぱり薬に期待しますよね。
自分もいろいろ薬を変えてもいまだに完治していません。とほほ…。
今度の新処方が体にあうといいですね。
Posted by ドナルド at 2008年08月09日 09:16
>かおりさん
今年はオリンピックもありますね。妻は昨夜開会式を遅くまでみていたようです。
自分はあまり興味がないので、サイクリングやゲームをして過ごそうかな〜

>けんさん
薬の種類は多いですが、うまくいけばたぶんトレドミンはなくなると思います。盆休みはちょうど良い実験期間となりそうです。

>ドナルドさん
認知療法的に考え方のクセを直すやり方があるのですが、なかなか難しいんですよね。なので、薬の調整で何とかやり過ごそうと思っているところです。
完治は焦らずに、ゆっくりと構える気持ちが大切かなと感じる次第です。
体外受精は、自分の負担は精子提供ぐらいなものなので、とにかく体調を崩さないように気をつけてます。顕微鏡受精は避けたいですからね…
Posted by tethys at 2008年08月09日 10:01
ちゃまです。
体外受精のこと、ご自身の体調のこと、いろいろあって大変な日々を過ごされている事と思います。
その中でも、常に冷静に、客観的に分析されているところがエンジニアらしい?!のでしょうか。
体外受精がうまくいくことを祈っています。
お仕事の方は、その次くらいのプライオリティで・・・。
ではでは。
Posted by ちゃま at 2008年08月09日 11:42
いらっしゃいませ。
自分の場合、半ば興味本位で薬の調整をしている気がしてます(笑)。むろん、本来の目的は忘れてはいませんが。
仕事は落ち着けて過ごせるようになりたいですね。
Posted by tethys at 2008年08月09日 19:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。