2008年08月09日

転職の経緯(終)

2007年2月下旬、プロジェクトのマイルストーンのレビューを無事に終え、会社に出社する最後の日が訪れた。

その日の昼間、部単位で集まり、退職の挨拶をした。今思うとあまり気の利いた挨拶ができてなかったなと思う。
後は主に身辺整理をして時間を過ごした。

そして退出する時間が迫ってきた。まずは課長に挨拶した。前にも書いた通りこの人には憐憫の情しか持っていなかったので、お別れの最後に転職先を告げることにした。

そして部長への挨拶。こっちは今までの怒りもあり、転職先は告げないことにした。課長に言ってしまったのだし、どうせ伝わるだろうと思っていた。

「今までお世話になりました」
「ああ、今までありがとう。ところで最後なのだからどこへ行くか教えてくれないか」
「いいえ、お答えできません」
「この期に及んでその態度か。いい加減にしないと怒るぞ!

この時部長はすごい表情でにらみつけていた。

「誰にも言わないから、転職先を教えろ」

部長の怒りの表情に一瞬怯んだが、自分はにらみ返して答えた。

「部長は、年明けに自分の退職を他のメンバーに伝えると言いました。それなのに自分に一切伝えず突然年末に伝えるように命じましたよね。自分は約束を破られてショックでした。あのときから自分はあなたを信用できなくなったのです。だから伝えたくないのです。」

こういわれた部長は、戸惑った表情で自分のスケジュール帳をめくった。その日のことを確認しているようだった。
「そうだったのか。あのときはマネージメント上、早めに退職を伝えた方がいいと判断したんだ。そういうことなら仕方がないな、もう転職先は訊かないよ。」

これを聞いたとき、部長を凹ませたような気がして、気分がスッキリしたような感じがした。形だけとはいえ、最後に部長とは握手をして別れた。

こうしてこの会社での最後の日は終わった。普通の人なら、たまった有給休暇を使って1ヶ月ほど休んで退職するのだが、プロジェクトに時間を捧げた自分には、今の会社に入社するまで3日しか時間がなかった。前会社でたまった有給休暇のほとんどが消滅してしまった。

というわけで、心を落ち着けるヒマもなく今の会社に入社することになった。

※転職の経緯はこれで終わりです。今後のカテゴリ「転職」ではうつ病になった経緯を書いていこうかと思います。


ラベル:転職 退職
posted by tethys at 22:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
仕事先でいろいろトラブルがあったのですね。
でも最後に部長にガツンと言えたのは良かったではないですか。
すばらしいことです。
自分なんか逃げるように退職しましたからね。
Posted by ドナルド at 2008年08月10日 11:36
最後はぶちまけられてスッキリしました。
でも、プロジェクトの途中から逃げるように退職した気はします。
Posted by tethys at 2008年08月10日 20:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。