2008年08月18日

アナフラニール勤務初日

非常にブルーだった休み明け初日だけど、午後出張があったにもかかわらず何とか乗り切ることができてホッとしている。

アナフラニールが加わってから勤務初日。一日だけで判断するのもどうかとは思うが印象を述べておきたい。

以前にも書いたけど、焦燥感がかなり低減された。以前なら職場の周りの声を聞いたりすると苦痛を感じることもあったが、大分聞き流せるようになってきた(完全というわけではない)。

また、周りと比較して落ち込むことも、落ち込み具合が軽減されたと感じる。「ま、いいや」と思えることが多くなった。
特に今日は、業務の進捗がほとんど無かったに等しい。それであまり落ち込まなくなったのはたいした変化だと思う。良いか悪いかは別にして。

だた、将来に対する不安感は解消されていない。これは、言わば慢性的な不安感なので仕方がないのかもしれない。

というわけで、調子の波もあるしプラセボもあると思うが、アナフラニールは期待通りの効果を発揮してくれているようだ。副作用もほとんど感じない。この調子なら、トレドミンとはおさらばかもしれない。


posted by tethys at 18:48| Comment(10) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おかげさまで明日復職です。
今頃になって焦燥感が出てますが。。。
Posted by flower at 2008年08月18日 20:47
お久しぶりです。
復職おめでとうございます!

今は不安でいっぱいかもしれませんが、受け入れ先は温かく迎えてくれると思いますよ。
ゆっくり、マイペースで、徐々に体を慣らしていって下さい。

無事を祈っております。
Posted by tethys at 2008年08月18日 22:02
こんばんは。
どうしても休みから仕事という流れは不安が強くなりやすいですから、
休み明け初日を乗り切れたのは大きなことですね。
少しずつ不安や心配を減らしていけると良いですね!
Posted by はいあーる at 2008年08月18日 22:09
そうですね。少しずつ減らしていって、最後は仕事への意欲を取り戻したいです。
ただ、今の会社で一人前になれる自信がつくのは、まだかなり先となりそうです。
Posted by tethys at 2008年08月18日 22:36
お薬の変更で体の調子が良くなって良かったですね。
「良い状態をできるだけキープすることが大切だ」っと僕の主治医も言っていました。
仕事をしながらの闘病生活は大変だと思います。
お体に気をつけてください。
Posted by ドナルド at 2008年08月19日 10:19
初日のお薬の効き目、上々のようですね。
この状態が続くと良いですね。v( ̄Д ̄)v
Posted by dame-human at 2008年08月19日 12:02
>ドナルドさん
自分の場合、調子の波のリズムがイマイチ把握できないので、この調子がいつまで続くのかわかりません。まあ、調子に乗りすぎないようそこそこがんばります。

>dame-humanさん
あとは周りの状況次第ですね。
Posted by tethys at 2008年08月19日 20:31
お薬の効き目、いいかんじですね(≧ω≦*)
休み明けは、誰しもブルーなんですから、それを乗り越えられたことはすごいですよ〜。

調子の波のリズム、一度バイオリズムで調べられたらいかがですか?http://www.selfdoctor.net/index.html
で、簡単に調べられますよ!
絶対ではないですが、ダメになりそうな日の予測が立てられて、かおりは重宝しています。
Posted by かおり at 2008年08月19日 22:20
薬がいい感じに効いているんですね。
これが続くといいと思います。

調子がいい日が続くといいですね〜
Posted by けん at 2008年08月20日 12:00
>かおりさん
情報ありがとうございます。早速設定してブックマークしました。主に感情面が気になるので参考にします。

>けんさん
今週末は通院日なので、これで他の薬を漸減できればいいなと思っています。
Posted by tethys at 2008年08月20日 22:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。