2008年09月11日

白旗を揚げる勇気

会社にいるときは、日誌を毎日上司に提出している。ここ最近の状態をそのまま日誌に記録して上司に提出したら、面談に呼び出された。

上司は、このままこのような状況が続いて休んでしまう前に、このプロジェクトをやめて他の仕事に移るように取りはからってくれるとおっしゃってくれた。以前示唆したことを改めて述べてくれたわけだ。

確かにこのままだとちょっとヤバイかもしれない。最近、床につく時刻が早くなってきている。早朝覚醒も起こることが多くなった。体は注意信号のサインを出し始めている。

ただ、このまま離れると、これまでつきあってくれたパートナーやリーダーに申し訳ない気持ちもある。離れると決まったとき、彼らが自分のことをどう思うかと考えると、いたたまれない気分になる。

とりあえずあと1〜2週間は様子を見よう。それで改善の余地が見られなかったら、勇気を出してこのプロジェクトへのギブアップを宣言してみることにする。


posted by tethys at 19:23| Comment(6) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
体の調子を崩してしまうよりも、ギブアップするほうがいい選択だと思います。
なかなか勇気のいることですが、
長い目で見ると体の方が大事なのかなと感じました。
Posted by ぽとす at 2008年09月11日 22:19
私も職場で「仕事が無理だと思ったらSOSを出してください」と言われていますが、実際に白旗を上げるのはすごく勇気がいるなと思います。
でも、体の調子が悪いと仕事どころではなくなると思いますので、ご無理なさらないようにしてくださいね。
Posted by 熊五郎 at 2008年09月11日 22:49
白旗あげる勇気、難しいですね。
僕も、休職になる前は、有給を使って休んだり出社したりしてました。
僕が言うのもなんですが、仕方ないことは気にしないで、じっくり様子が見れるといいですね。
Posted by dame-human at 2008年09月11日 23:25
こんばんわ。
白旗を揚げるのは難しいと思いますが、上げたほうが会社のためにもなると思いますよ。
無理なら無理と我慢をせずに言って下さいね。
上司も理解してくれていると思うので大丈夫だと思います。
Posted by けん at 2008年09月12日 02:16
私は出張禁止の条件で働いています。
バリバリ出張なさられているようなので、復職リハビリとしてはハードル高そうって感じます。
勇気はいると思いますが、体調を重視して労働条件を決め直すべきでは?と思います。

労働条件設定で一苦労しそうですが・・・。
Posted by G5 at 2008年09月12日 11:35
>ぽとすさん
そうですね、体調が深刻にならないうちにうまく見切りをつけられればいいなと思います。

>熊五郎さん
お互い理解のある職場で良かったですね。あとは自分の気持ち次第だなあと感じています。

>dame-humanさん
今年は有休を使い切ってしまったので、体が本当にダメになる前に手を打つ必要がありますね。

>けんさん
そうですね。今のプロジェクトに触ってみたいという人が意外に多いので、自分じゃなくても代わりはいると思います。

>G5さん
上司は、今のプロジェクト以外で他にやる仕事はあるといっているので、自分が申し出ればすんなりと条件は設定できると考えています。
Posted by tethys at 2008年09月13日 20:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。