2008年11月07日

産業医面談

午前中は8月以来の久々の産業医面談。自分の会社の産業医は少々威圧的なところがあって、面談はいつも緊張する。
今仕事ができないのは病気のせいであって、そう思うようにしないといくら薬を飲んでも治らないぞと言われた。
まあ、その通りだけどまだ時間が必要だと自分は思う。

産業医面談は常に上司と一緒なのだが、今回は自分だけ先に席を外された。産業医と上司、二人だけでどんなことを話したのかすごく気になる。でも来週は週明けから4日間研修なので、上司と顔を合わせるのは一週間後である。悶々とするな〜

午後は昨日の続きでセミナー。今日は内容的に興味を引かれるセッションがあったので昨日程ストレスにはならなかった。でも全体的にどう報告したらよいかすごく悩む。明日、記憶が新しいうちにまとめておこう。

来週の研修、眠らないことを祈りたい。


ラベル:上司 うつ病
posted by tethys at 19:50| Comment(6) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日は産業医面談と会社嘱託精神科医のカウンセリングでした。
やはり環境がかわらないと現状から抜け出せないのではと言われましたね。すなわち異動か転職。
他の部署のほうがやばそうなのに異動したいとは思わない。そうすると転職だがあんなエネルギー使うことはもうできそうもない。
使えねー奴だと思われながらも居座り続けるのがベストかな。しかも定時で帰る。
キャリア採用者は純粋培養社員から嫌味言われる運命なのだな。私は会社に対する愛社精神なんてないし。
Posted by flower at 2008年11月07日 20:52
僕も近々産業医面談です。ウチの会社は上司ではなくメンタル相談室の人か、人事のメンタル担当者が同席します。だから毎回リラックスして面談を受けられます。上司の前では言えない事でも何でも話せます。上司が同席だったら辛いですね…。しかも自分だけ席外されて上司と産業医だけで話されるのは意味深な感じがして、なんだか嫌ですね…。
Posted by 多摩川沿いの住人 at 2008年11月07日 21:20
産業医との面談お疲れ様です。
威圧的な産業医なんですね…
俺はそういう先生が大嫌いですが、選ぶことができませんからね(>_<)
上司も同伴なんですね。

テレビでもやってましたが、元のように働けるようになるまでは時間がかかるらしいですから、あまり焦らずにやっていけばいいと思います。
Posted by けん at 2008年11月08日 02:08
>flowerさん
環境を変える=異動転職とは限りません。仕事内容を変えるとかいろんな選択肢があります。flowerさんにはまだ時間が必要だと思います。居座る、というと聞こえが悪いですが回復するまで待つという気持ちで過ごしましょう。

>多摩川沿いの住人さん
住人さんの会社はメンタルヘルス対策が充実してそうですね。
自分の場合、優しい上司で、産業医からの受け答えをフォローしたりしてくれるので同席してくれるのは助かっています。普段の相談相手は上司が一番多いですね。
二人だけの会談の内容は本当に気になります。

>けんさん
テレビと言えば、先日「ガイアの夜明け」をご覧になりましたでしょうか?
あそこで紹介されていた神奈川トヨタのメンタルヘルス対策はすごいなと感じました。一方で、担当の人が大変そうで倒れるんじゃないかと思いましたよ。
Posted by tethys at 2008年11月08日 22:14
精神科のカウンセリングでは明確に異動か転職のタイミングが重要だといわれましたね。見極めは難しいがと。
ガイアの夜明けは僕も見ました。
製薬会社の人とかと比べれば僕の症状はまだましなのだなと思いました。先週の日曜に交通事故に遭い保険会社と格闘してます。
こんなこともできるのだから多分1年後には過去のこととしてはなるのでしょう、多分。
Posted by flower at 2008年11月09日 06:37
うーん、何でそのような焦ったアドバイスをするんでしょうね。個人的には回復するまでじっくり待つ方がいいと思うのですが。景気の先行きが不透明だから今のうちにってところなのでしょうかね?
Posted by tethys at 2008年11月09日 20:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。