2008年11月14日

起きられた

結局、昨晩ロヒプノールの量はそのまま(1mg)で寝たら、2時半頃に一度目覚めたけどすぐに寝直して、アラームで起きることができた。

昨日若手に指摘された通り、これまで気が緩んでいたから…と認めたくはない(笑)。これまでも起きることができない日があったから、何か体質的なところが変わったように思う。

通院日の今日は、朝抗うつ剤がなくても動けることを確認して、正式に処方も半分になった。ついでに余っていて半分服用になりそうなロヒプノールの処方も半分にしてもらった。

薬が減ったことより薬代が減ったことが嬉しい。


posted by tethys at 22:45| Comment(4) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
tethysさん おめでとうございます!!
薬代もそうですが、薬そのものが減るって喜んでいい気がします。
お子さんも視野に入られたようですし。
男性の服薬が胎児に与える影響を報告うけてる薬は少ないですが、服薬量は少なければ少ない方が良いと思います。
Posted by うつ人 at 2008年11月15日 11:49
ありがとうございます。
確かに、朝の抗うつ剤が無くなってから眠気は収まりましたし、喜ぶべきことですね。
Posted by tethys at 2008年11月15日 21:12
薬が徐々に減っているんですね。
いいことですよね〜

確かに薬代が安くなるのはうれしいですが、副作用たっぷりの薬を飲まなくなるほうがうれしいですよね。
Posted by けん at 2008年11月17日 02:42
確かに眠気が減ったのはよい傾向だと思いました。季節の変わり目で体調が崩れないのが幸いです。
Posted by tethys at 2008年11月17日 19:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。