2008年11月17日

やっぱり恵まれているかも

今日は定時間際に上司との面談があった。

自分からは抗うつ剤が減ったこと、体調は良いこと、一線に復帰するにはまだ自信がないことを伝えた。すると上司はかなりの長期スパンな復帰プランを提示してくれた。

正直言って予想以上だった。自分としては、来年はもう他の人と同じ扱いになるだろうと思っていたからだ。先日自分が席を外された産業医との話でも、もう1ステップ上を望む産業医に対し、上司は上記プランで行くことを伝えたとのことだった。

言わば、上司は産業医から自分を守った形である。

上司に心から感謝しなければならないと思った。

これも大手ならではのキャパの広さなのだろうか。とにかく今はそれに甘えて、意欲が向上するのを待とう。


posted by tethys at 19:38| Comment(4) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たしかに良い上司に恵まれているようですね。
あとは、もう少し自分に甘くなってもいいと思いますよ(^・^)
Posted by ゆめ at 2008年11月17日 22:26
やっぱ大手は理解がありますよね。
中小企業なら解雇されてもおかしくありませんよね…

tethysも無理せずに甘えてゆっくりでもいいからウツを治してくださいね。
そのうち一線で働けるようになりますから…
Posted by けん at 2008年11月18日 02:46
大手だけでなく、会社のカラーって大きいと思います。あと業界と上司も。
私の父も工業系の技術者でしたが、私のいた業界とは人を育てる感覚が全く違いましたよ。
それとtethysさんもご自分を客観視できてるので上司の方も安心なのでは?
本当に良かったですね☆
安心も薬だと思います。
Posted by うつ人 at 2008年11月18日 09:47
>ゆめさん
これ以上自分に甘いと、怠け社員になりそうです。その辺の線引きが難しいですね。

>けんさん
景気の先行きが怪しい中、本当によくしてもらっています。一線で働けるように信じて今は過ごしたいと思います。

>うつ人さん
うーん、客観視できているのかなあ。確かに放っておかれても今はWBTがあるので、上司の手を煩わすことは無いのかもしれません。
Posted by tethys at 2008年11月18日 19:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。