2009年01月19日

SeagateのHDDに致命的な不具合

Seagate製ハードディスクのファームウェアに致命的な不具合、起動不能・アクセス不能になることが判明 - GIGAZINE
Seagateの主力ハードディスク Barracuda 7200.11に致命的な不具合 - Engadget Japanese
SeagateのBarracuda 7200.11などにアクセス不能になる不具合 ー PC Watch

自分が先日購入したHDD(ST31500341AS(1.5TB HDD))がコレだよ!

自分のHDDが該当するかどうかチェックするツールがあるらしいが、自分がアクセスする頃には姿を消していた。
そもそもこのHDDは、メインPC(1st.PC)に組み込んであるので、電源故障中の今は確認のしようがない(笑)。

ここは慌てず騒がず、メインPCが復旧するのを待ってから行動を起こすしかないな。
どうもSeagateに直接問い合わせて(英語)、修正ファームを取り寄せないとならないらしい。久しぶりの英語のメールによる交渉になりそうだ。

電源が復旧した後、HDDがちゃんと認識することを祈りたい。
…って、そんなことを書いているうちからこんなニュースが!
GIGAZINE編集部のSeagate製ハードディスク「Barracuda 7200.11」がついにアクセス不能に ー GIGAZINE

なんか、アメブロでも使用しているらしいので、アメブロユーザーも注意してください(笑)。
アメーバブログが画像保存サーバーに不具合のあるSeagate製HDDを使用、ユーザーに注意を呼びかけ ー GIGAZINE

ところで、1st.PCの電源ユニット(Abee SR-2480A)は、Abeeに問い合わせたところ、もう生産終了で在庫がないので、後継機種(S-550EC)に代替交換となるとのこと。
電源容量も増えて、実質的なグレードアップだ。これは素直に嬉しい。
今後もついていくぜ、Abeeさん!


ラベル:PC自作 Abee
posted by tethys at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | PC自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。