2009年01月24日

SeagateのHDDその後

お祭りになっているSeagateのHDD不具合騒ぎ。
とりあえず日本の代理店からは自ら販売しているロットの製品では不具合はないとアナウンスしているようだ。
これらを受けて、販売を停止していたショップも再開している模様。

さて自分の方はというと、ようやく今日自分のHDD(ST31500341AS(1.5TB HDD))をチェックしてみたところ、ファームウェアが「CC1H」と表示された。
このバージョンのファームウェアはアップデートする必要はなく、問題ない製品のようだ。

seagate_firmware


SeagateのHDDは、3rd.PCにも500GBのものがあったので調べてみたら、これは不具合の報告されてないモデルだった(Barracuda 7200.10 ST3500630AS)。

問題ないとアナウンスされているものでも不具合が発生したとネット上では報告があったけれども、HDDの普通の故障の範囲内のような気がするので、自分的には、新たなアナウンスがない限りこの問題は収束だ。

ちなみに何で今日までHDDのチェックをしなかったというと、1st.PC用に昨日買ってきたメモリが不良で、その問題に追われていたからだ。
今日買ってきたショップのサポートセンターに行き、初期不良であることがわかり、交換となった。

それにしても1st.PC、電源ユニットの故障に始まり、HDDの不具合疑惑BDドライブの電源コネクタ破損、そして今回の増設メモリ初期不良と、ここ最近立て続けに不運に見舞われている。
もうトラブルがないといいのだけど。

というわけで、今日はちょっと疲れたのでコメントへの返答は明日以降にさせてください。


ラベル:PC自作
posted by tethys at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | PC自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。