2009年02月20日

再休職をどう過ごすか?

来週から新しい仕事になる。まだ内容だけで具体的に何をするのかわからない。どう考えても不安になる。
不安になるとどうも考えが悪くなってしまう。新しい仕事に対応できなくて落ち込んで生活に支障をきたし再休職…。最悪のシナリオだ。
幸い自分の職場では、その前のセーフティネットのような処置があると思うので、ここまではいかないと思いたいけど、再休職になったらどう過ごすか考えてみるのも悪くない。

というわけで、再休職の過ごし方について想像してみた。


まず前提として期間は1ヶ月(4週間)

正直言って1ヶ月という時間は短すぎる。最低でも3ヶ月は欲しいところである。でも今回は想像上のことなので1ヶ月にする。

では再休職期間をどのように臨むか。

たぶん、「充実した休職期間を過ごそう」と意気込むのは最もやってはいけないと思う。

そういった意気込みは自然と自ら目標を高く設定してしまいがちだ。例えば自己啓発をしようと意気込む。ちょっと考えると1ヶ月は長く感じられるので、自分の理想に近い目標を立ててしまう。
そういった思いにとらわれるのも無理はない。しかし、少なくとも自分は、目標を達することができずに、休職期間が終わったあと後悔の念が重くのしかかるだろう。
だから、はっきりとした目標は決めない、○○できればいいや程度の気持ちで臨むのがいいと思う。

そして1ヶ月(4週間)をどう過ごすかであるが…今日は時間もないのでまたの機会に記すことにする(笑)。


ラベル:休職 うつ病
posted by tethys at 22:16| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
再休職をシュミレーションできるくらいの余裕って大事ですね…。
次回はそのくらいの余裕を持ちたいと思いました^^;
Posted by 美臣 at 2009年02月20日 23:18
いえ、シミュレーションってほどではないです(笑)。
本格的に考えるなら、主治医やカウンセラーと詰めた方がいいかもしれません。
Posted by tethys at 2009年02月21日 19:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。