2009年05月02日

体外受精の予定

昨日、妻がクリニックを受診したところ、どうも卵胞の大きさが前回よりも思わしくないとのことで、予定していた採卵日が延期することになった。

自分のところは自然周期法で、前回はD9で18mmの卵胞が4個ほどあったので、D11に採卵した。
しかし今回はD9で10-15mmぐらいのが3個程度しかなく、D11(明日)にもう一度診察して様子を見ることになった。

妻と話し合った結果、取れる卵が1個でも採卵に踏み切ることにした。

とりあえず明日の診察次第だけど、5/5に採卵、平日に受精卵を戻すことになりそう。
平日の朝にクリニックに行って戻した後、そのまま出勤するそうだ。負担をかけてしまってすまぬ。なにしろ現在の月収は妻の方が上だからなあ(苦笑)。

というわけで、無事に済むことを祈りたい。

本エントリは、体外受精・不妊治療に関しては自分は不勉強なので、妻からの聞きかじりの事柄です。ご了承ください。

ペタしてね


ラベル:家族 体外受精
posted by tethys at 08:28| Comment(14) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
不妊治療、人工授精ですか。とても大変なことですね。
奥様には相当の負担がかかると思います。旦那様が勇気を持って強くなって下さい。
長淵の「HOLD YOUR LAST CHANCE」の歌詞の中で「君が愛にしがみつく前に君が強くなれ」
これからは貴方が奥様を支えなくちゃ お子様もね
Posted by キミボウ at 2009年05月02日 10:10
いらっしゃいませ。
人工授精ではなく体外受精です。人工授精は男性の精子を濃縮するなりして女性の体内に注入する言わば人工セックスみたいなものですが、体外受精は卵子を女性の体内から採卵して、精子とまさに体外で受精させるものです。採卵の前にはいろいろ薬を飲むので人工授精よりも女性の負担は大きいです(ついでに費用も)。
月収は妻の方が多いので、家事面で主に支えていこうかと思っています。
Posted by tethys at 2009年05月02日 11:38
不勉強と言ってもうつと同じく分かりやすいですよ。
やっぱりtethysさんは自分に対するハードルが高い人だなぁと思いますが、勉強が足りてないと感じてるのは奥さまには逆に心強く感じてるのではないでしょうか。
なんか変な表現でごめんなさい。いつもいつも^^;
Posted by 美臣 at 2009年05月02日 12:19
いやあ、妻は自分を全然アテにしていないですよ(笑)。自分でネットなどで調べているようです。
どっかの不妊関係のコミュニティに入っているのかもしれません。
Posted by tethys at 2009年05月02日 13:17
自分にはうまくいくことをお祈りします,くらいしか言えません.ほんと,成功をお祈りします.
Posted by cobooo at 2009年05月02日 14:57
ありがとうございます。そのお言葉をいただけただけでも十分です。
Posted by tethys at 2009年05月02日 15:30
リンクさせてもらいました(^^♪

不妊治療は費用がかなりかかると聞きます。
奥様も病院のあとそのまま仕事とは大変ですね。
成功をお祈りしています。
Posted by ゆめ at 2009年05月02日 17:44
リンクありがとうございました。

そうなんですよね。不妊治療は保険がきかないので費用が大きいです。少子化対策の一環として国から補助を出してもらえないか議員さんには検討してもらいたいです。

妻にはその日休めばと言っているのですが、取り合ってくれません。
Posted by tethys at 2009年05月02日 18:21
不妊治療は保険がきかないんですね、
なんか、少子化という割には、
この国はなんだか、変な方向に流れていますね。
最近、高速道路の建設の凍結が10年ぶりに解禁になった区間があると、
ニュースになりましたが、
その分を補助金につぎ込んでほしいですね、
子どもには未来の大きな可能性を秘めた、
宝・希望なのに、、、、

なんか沸々と感情が湧いてきました。


追記
1周年、おめでとうございます。
Posted by アメンボ at 2009年05月02日 18:59
ははは…(^^;
まあ少子化対策と道路建設では担当も違いますからね。あとは時の内閣がプライオリティを考えて予算を割り振ってくれればと思います。

>1周年、おめでとうございます。

ありがとうございます。4年半近くもやられているアメンボさんを見習いたいと思います。
Posted by tethys at 2009年05月02日 19:14
tethysさんと奥様が不妊治療に取り組まれていることを
今日知りました・・・努力なさっているんですね。
私の主治医は「抗うつ剤(抗精神病薬も)は妊婦さんにとって
大丈夫なものは一切ありません」という持論の持ち主なので、
我が家も子供は欲しいですが、私が薬のいらない身体にならないと
難しいです。(あと経済的にも)頑張ります。
Posted by nama at 2009年05月02日 21:35
不妊治療は、男性側は精子を提供するだけなので済みますが、女性は大変ですよね。妻には本当に頭が上がりません。
一応自分も、性欲に影響のあるSSRIは禁忌にしています。
ちなみに、エビリファイは性欲を亢進する作用があるとかないとか。
Posted by tethys at 2009年05月02日 21:47
無事に済まれることをお祈りします。
私もtethysさんご夫婦が不妊治療をされていることを初めて知ったような気がします。
それにしても奥様・・・当日その後ご出勤とは、大変ですね。
想像でしかないのですが体に負担がかかる治療であるようなイメージです。

我が家は私のリーマス切り待ちです(胎児の催奇性があるため)。
子どもを望む夫を待たせているので気持ちが焦ります。
私もtethys妻さんも、いつか赤ちゃんにあえる日が来ます様に!
Posted by やまぶき at 2009年05月03日 00:19
おそらく採卵の方がきついかなーと思います。麻酔があるので。
平日の受精卵を戻す方は、たぶん人工授精と似たような気がするので、それ自体は短い作業時間と思います。
自分としてもできれば当日は休んでもらいたいところなのですが、下手に、休めばと言おうものなら「私の仕事をたいしたことじゃないと思っているでしょ!」と地雷を踏むんですよね(苦笑)。
やまぶきさんは、旦那様が切望されているのですよね。でも焦らずに回復を待ちましょう。やまぶきさんの生活リズムならきっと減薬の日がやってきますよ。
Posted by tethys at 2009年05月03日 00:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。