2009年06月12日

ESET Smart Securityのアップデート

昨日発売されたアンチウィルスソフト、ESET Smart Security 4を旧バージョンからアップデートした。


ESETのアップデートだが、旧バージョンからのアップデートで、期間中に買えば無料アップデートできるという触れ込みでVectorより買ったのだが、発売日を過ぎても(昨日ですが)Vecotrよりいっこうに案内が来なかった。
お金だけ取ったら後は用無しということかよ(笑)。

結局自分で旧バージョンをアンインストールして、新しいバージョンをインストール。前のユーザーIDとパスワードでアップデートできたので、たぶん正規アップデートができたと思う。

アップデートが無事にできれば、まあ特にやることはないのだけど、CDブートしてウィルスチェックをできるらしいので、それを試すことにした。

レスキューCD作成


と思ったら、Microsoftのツール(Windows AIK)のインストールが必要のようだ。他社のツールが必要なのはどうよ、と思ったが、これ以上先に進めないので、リンクをクリックする。

Windows AIK


そうしたら英語のページだったので、日本語で検索し、日本語版のAIKを探した。英語も日本語もCDイメージだったので、ダウンロードしてCDに焼き、インストールした。

そうしたら、日本語版はビルドが古かった(6000.x)ようで、ESETから認識されなかった。先ほどのダイアログをよくよく見ると、さりげなく6001以上が必要と書かれている。
うーん、CD-R1枚無駄にしてしまった。

気を取り直して、英語版をダウンロード。
順調に進むと思いきや、最後の最後で…

なんだこれは?


何のジョークですか?

結局、ダウンロード先をデスクトップから他の場所にすることで解決した。そいでもって、これもイメージファイルなのでDVDに焼いた。

そしてビルドの古い日本語版AIKをアンインストールして、再起動、英語版AIKをインストールした。

以上が済んで、やっとのことでこの画面に進んだ。

やっとココまで来ました


ココで「CD/DVD」を選択したら、いっこうに処理が進まなくなったので、キャンセルし、ISOイメージを選択し、CDに焼いた。

CDブートさせるとWindows PEが起動し、ESET Smart Securityが立ち上がった。これでOSをブートさせることなく、最新のパターンファイルでウィルスチェックすることができる。

逆言うと、それしかできない。
ウィルスチェックも、HDDにインストールされているESET Smart Securityを読み込んでやらせるし、Windowsが何かおかしくなってブートしなくなったときに使うぐらいしか無いようだ。

それでブートできる状態に戻るかという保証はない。
つまりこのCDが活躍する場面は、ウィルスにやられてWindowsがブートしなくなったときぐらいしかない。

でも、昨今のウィルス事情を考えると、そのような破壊活動をするウィルスはマイナーなのではないか。ボットのようにPCを生きたままにさせて思いのままに操るのが主流のような気がする。そうじゃないとビジネスにならないからね。

というわけで、苦労してCDを作ってみたものの、これから先、使いそうもないCDなのだった。


ラベル:PC自作
posted by tethys at 00:25| Comment(7) | TrackBack(0) | PC自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そのウイルスソフト名はじめて聞きました.さすが,テッキーなtethysさんですね.それとも常識でしょうか?
自分は買ったPCに体験版として入っていたNortonをそのまま使い続けてます.メーカーの思うツボですね(笑)
Posted by cobooo at 2009年06月12日 11:32
まあ、知る人ぞ知るといったところでしょうか。軽くていいですよ。
シマンテックのアンチウィルスは、ライセンス有効期間中に新しいバージョンが出ても、無料でアップデートできないのが不満です。
Posted by tethys at 2009年06月12日 12:20
すごくお詳しいですね。うらやましい。
私は、「avast!」というのを使ってるんですけど、これ大丈夫ですか?
Posted by die at 2009年06月12日 19:18
自分はv3.0で一応我慢します…。
今は金銭的にキビシイです。。。
買うとしたら9月以降かな…。
Posted by Xstep at 2009年06月12日 20:10
>dieさん
いらっしゃいませ。
そんな、詳しいというほどでもないです(^^;
P2Pソフトで出所の不明なファイルをダウンロードしたり、うっかり怪しいURLでも踏まない限りはavast!でも十分かと思います。

>Xstepさん
どうもライセンスが有効であるうちは無償でアップデートできるようです。
http://canon-its.jp/product/eset/pcu/ess40.html

もっとも、V3で安定しているなら、しゃにむにアップデートする必要もないかと思います。
Posted by tethys at 2009年06月13日 00:42
おお、すごい!。
情報ありがとうございます。

危うく金をはらってしまうところでした…。
ウイルスソフトのみでも無償だったので良かったです。
でも、無償アップロードで元が取れているのかなあ。
Posted by Xstep at 2009年06月13日 18:03
ウィルスバスターやカスペルスキーもライセンスが有効なうちは無償アップデートできます。できないのはシマンテックぐらいですかねえ。
無償は他社との競争のためにやむを得ないのもあるかもしれませんが、早めにアップデートを促してサポートするバージョンを減らしたい思惑もあるかもしれません。
Posted by tethys at 2009年06月13日 20:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。