2009年06月13日

D-VHSからBlu-rayへ(ただし未完)

本エントリは、自分への備忘録なので、わからない人には意味不明な単語が並びます。読み流してください。

そろそろD-VHSのテープを処分したくて、PCに取り込んでBlu-rayに保存するためにPV4をオークションで落札。

アニメなどの2chのソースは、音声をPCMでキャプチャーして、生成したDVファイルをTMPGEnc 4.0 XPressでBDAV用MPEGファイルにエンコードすることができ、TMPGEnc MPEG Editor 3でBlu-rayに保存することができた。

問題はAAC 5.1chのソース。これは音声をAACでキャプチャーする。PCMだと2chになってしまう。しかし、生成したDVファイルをそのままTMPGEnc 4.0 XPressに食わせると、音声がデコードされずに雑音のみとなってしまう。

いろいろ調べたら、PV3AACというツールを使うと、DVファイルから音声のAACファイルを抽出できることがわかった。

実際にテストとして、30秒ほどキャプチャーしたDVファイルをこのツールに食わせてみたら、AACファイルができあがった。
このAACファイルを真空波動研SuperLiteで調べてみると、確かに5.1chの音声ファイルだった。

aac.png


というわけで、以下フローでやってみれば5.1chのBlu-rayに落とせるだろうともくろんだ。

 DVファイル
  →映像:TMPGEnc 4.0 XPressでBDAV用MPEGファイルに変換
  →音声:PV3AACでAACファイル抽出
          ↓↓
 できたMPEGファイルとAACファイルをTMPGEnc MPEG Editor 3に入力し、BDAVとして出力

ところが、テストファイルをTMPGEnc MPEG Editor 3に食わせたところ、AACファイルが6秒程度で途切れてしまう!

ここでお手上げ。
ペガシスのサポートにメールで質問することにした。

果たしてどうなることやら。ちゃんとBlu-rayに保存できるかな。


ラベル:PC自作
posted by tethys at 13:31| Comment(2) | TrackBack(0) | PC自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
内容とはちがって恐縮ですが、ありがとうございました。無事、見ることができました。
Posted by cobooo at 2009年06月13日 18:56
それはよかったです。
最後だけHD解像度にしました。改めて気づいたのですが、H.264はHD画質でも思ったほど劣化が少ないですね。
Posted by tethys at 2009年06月13日 20:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。