2009年07月12日

うつ病になった経緯(4)

これまで、会社の人間には伝えずに通院していた。2007年の秋に快方に向かったこともあって、このまま治るだろうと甘く見ていた。

しかし、それは見方によっては会社は自分の事情など配慮してくれないということであった。プロジェクトが進むにつれて自分の負荷が大きなり、こなせるかという不安感が強まり、年末にかけてどんどん症状が悪化していった。

さらに年が明けて、課の異動、ある業務でのメンバーとりまとめ役といった負荷がのしかかり、自分でもどうやっていいのかわからないまま、周りに相談もせずに抱え込んでいった。典型的な悪い例である。

症状が悪くなったので、ドグマチールからトレドミンに薬が変更になった。

そんな状態の中で2008年1月半ば、上司と定期面談があった。これは、昨年を振り返るとともに、今年の自分の業務方針を決めるものであった。

2008年となり、今自分が苦しんでいるプロジェクトも終盤になりつつあり、新しいプロジェクトを検討する段階に入っていた。面談ではその新プロジェクトにおける自分のポジションを伝えられた。

そのポジションとは、海外の開発会社の窓口となり、とりまとめる役であった。

これに自分は大きな衝撃を受けた。全く未経験な上に苦手意識のある内容だったからである。

自分は英語に強い苦手意識を持っていた。
恥ずかしながらエンジニアのくせに、前の会社では、海外出張などしたことがなかった。英語の仕様書は読めるものの、ディスカッションなどは全くの未経験だった。
もともと日本語でのコミュニケーションも苦手なのに、英語なんてもってのほかだった。

しかしこの会社に転職してから、業務の一部を海外の会社に委託していることがわかり、メンバーの誰もが、英語でのメールのやりとり、レビュー、フェイスtoフェイスなディスカッションを経験していた。

そのことは、元々持っていた自分の英語への苦手意識をさらに強くした。
遅れを取り戻すべく、転職してから、長時間残業した後も、TOEICの勉強を毎日していた。
しかしいくら勉強しても、(元々気の進まないこともあってか)すぐに追いつけるものではなかった。
そんな状態だったので、英語のレビューでは言葉に詰まることがしばしばあった。それでますます英語にコンプレックスを持つようになった。

そんな中のこのポジションであった。

周囲のレベルの高さ、異動、これまでのプロジェクトで一杯一杯の状態、そんな負荷の中で告げられたこのポジションに、自分は胸を矢で射抜かれたようなショックを受けた。

こんな業務とてもつとまりそうにない。この先この会社でやっていけるのか…。

いつまでもそんな思いがぐるぐる回っていた。
(続く)

ペタしてね


posted by tethys at 00:01| Comment(12) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひー。英語の件は、リアルに困ると思うんですけど・・・。
前に勤めていた会社は英語できる人は少なかったと思いますが、Sonyさんは普通に英語アリでした。社員については「英語を話せない」という可能性すら誰も考えていない感じでした。
Posted by 捨てネコ at 2009年07月12日 01:31
自分も今の会社は英語に厳しいものを感じています。周りが皆帰国子女もしくは留学経験ありなので。自分もこっそりと勉強はしているものの、実際に英語を使う場面では沈黙することが多いです。
Posted by cobooo at 2009年07月12日 07:57
tethysさんも、仕事で英語を使われているのですね。たしかに、周囲ができる人に囲まれていると、やりがいを感じる反面、気落ちしてしまうこともありそうですね...。

私事ですが、いま、無理のない範囲で、英検準2級のテキストから復習しています。8割程度正解できるのがうれしいですよ^^。そのうち、2級、準1級とコマを進めたいと思っています。

Posted by みかん箱 at 2009年07月12日 13:24
英語ができて当たり前って、私には未知の世界ですね^_^;
そこで頑張っているtethys さんはスゴイなあと思うばかりです。

それにしてもレビューが多いのですね。
今週、乗り切れるといいですね。
応援してます☆
Posted by ゆめ at 2009年07月12日 16:28
なんとなく、日本語の上手な人ほど英語への苦手意識が高い気がします。
私の周りだけかなぁ…。

私は日本語のボキャブラリーも少ないので英語も通じれば満足してしまうので、
悩んでる友人達によく「日本語並に使いこなそうとしてない?」と言ってキョトンとされましたよ^^;

この病気になってからは頭の切り替えが異常に遅くなってしまって英語に切り替えようとするとメマイがします…。
日本語も前より不自由になりました(-_-;)
Posted by 美臣 at 2009年07月12日 17:41
>捨てネコさん
困りますねえ。
今のプロジェクトは英語のでのディスカッションとは無縁ですが、いずれやらざるを得ない機会が訪れると思います。
ただ、まだそれに備えるにはちょっと気力がない感じです。

>coboooさん
英会話教室とか通ってみればいいような気もするのですが、アレも当たり外れが大きいので躊躇しています。

>みかん箱さん
自分の場合、周囲ができると気落ちするタイプです…。
できる範囲から手をつけるのはいいですね。自分も準2級に挑戦してみようかな。

>ゆめさん
ありがとうございます。
今回のプロジェクトはそれほどでもないのですが、仕事柄、英語は避けられないんですよねえ。
本当に信じられないくらいレビューが多いです。来週の今頃はホッとできているといいのですが。

>美臣さん
英語は、最後にはコミュニケーション能力と度胸のような気がします。
そうですね、最初からカンペキにできるように思わない方がいいかもしれません。
Posted by tethys at 2009年07月12日 20:15
英語ができて当たり前の環境・・・。
住む世界が違うなあと圧倒されました。
このあとtethysさんはどうなさったのだろう?続きが気になる〜
Posted by やまぶき at 2009年07月12日 21:34
自分も転職したときは圧倒されました(笑)。
この後は、当時の簡単な日記が残っているので、それを振り返って書こうかと思います。
Posted by tethys at 2009年07月12日 21:59
「周囲ができる」というのが本当なら、他の人たちの英語での発言をボイス・レコーダーで録音して、そのなかから頻繁に出る単語や言い回しを拾い出して、真似して使うことをお勧めします。ただし、(1)「周囲ができる」というのは多分、まだよく観察なさっていないので感じることで、できるように見える周囲の人たちも結構、言い間違いや、うっかりした発言をしているはずです。なぜなら、そういう失敗のない人は世間では非常に稀だからです。あの言い方は拙いなというのも反面教師として役立ちます。(2)プロジェクト周りで使う英語表現だけ集中的に学べばいいので、英語の教養は後回しで良いと思います。

ともあれ、特定分野の英語なんて後からいくらでも身につけられます。おいそれと身につけられないのは、仕事が出来ても「オレが、オレが」とならずに一歩引く冷静さとか、人をまとめたりする能力であり、そういった点でブログ主さまは会社側から期待されているのではないかと感じました。だから先は明るいはず。長々失礼しました。

お大事に。
Posted by あや* at 2009年07月13日 06:23
大切なポイントを教えて下さり、本当にありがとうございます。
機密上、録音は簡単にできそうにもありませんが、よく使うフレーズはメモしておきたいと思います。
「後からいくらでも身につけられます」という言葉に救われたような気がします。重ねてお礼申し上げます。
Posted by tethys at 2009年07月13日 18:00
英語…
俺も苦手です。
読んで理解はできるのですが、
しゃべったり聞いたりは全く出来ません。

そんな中で重要なポジションを任せられるとなるとね…
そんな状態が続いたら、うつになるのもしょうがないかなと思います。

でもこの段階で、ドロップアウトしておけばひどくならなくて済んだのかもしれませんがね…

やはりtethysさんは頑張り屋さんなんだと思います。
Posted by けん at 2009年07月15日 17:29
後に書きますが、結局このポジションはドロップアウトしました。
Posted by tethys at 2009年07月18日 07:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。