2009年08月10日

実家のPCを修理

昨日、法事に実家へ行ったら、先日の落雷で故障したPCを診てほしいとのこと。
帰りに送ってくれたついでに自宅へ持ち帰ってきた。

落雷でどこまでやられているか調べようとしたのだが、電源ユニットを予備に変えて電源投入したところ、あっさり起動した。
とりあえずデータ消失はまぬがれたようだ。一安心。
予備電源に交換して修理は完了とした。

このPCは、CPUにPentium4 2.53GHz、メモリーは512MBで、OSはWindows XP Homeだ。多少動作にもたつきはあるものの、Web閲覧程度なら特にストレスなく動作する。

マザーボードはASUSのP4GE-V。もう6年近く前のものですな。

メモリーを増設すれば、まだまだ現役でいけそうだ。明日は秋葉原に行って、中古で512MBのDDR333 DIMMを2枚購入しよう。

ペタしてね


ラベル:PC自作
posted by tethys at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | PC自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。