2009年09月27日

障害者手帳申請結果

スタイルじゃないけど、今日は改行多め。


7月22日に申請した障害者手帳の申請結果が昨日送られてきました。


その結果は、


ペタしてね



ペタしましたか?


それでは改めて、その結果は…





不承認でした。



まあ、手帳をもらうほど症状が重くないと判断されたのでしょうか。



喜ぶべきことか悲しむべきところか。



微妙です(笑)。


posted by tethys at 14:28| Comment(13) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
私の場合、収入源がなくなるため障害者年金もらえないかと今色々と調べているところです。
承認、不承認はやはり診断書の内容で決定されるのでしょうか。
でも確かに不承認は喜んでよいのかどうかホント微妙ですね。
Posted by koashige at 2009年09月27日 14:44
年金の場合は、障害の1級か2級の状態にあることが要件の一つにあるので、診断書の内容は重要かと思います。
Posted by tethys at 2009年09月27日 14:59
残念でしたね、と言っていいものかどうか迷うところですね…。
それにしても随分日数がかかるものなのですね。
Posted by ゆめ at 2009年09月27日 15:21
診断書の費用が高いので、残念だったとは思うのですが、良かったと思いますよ!
なんというか、私自身、持っていて理不尽な思いをしたこともあります…。
行政サービスや税金で優遇はされますけどね。複雑です。
Posted by 美臣 at 2009年09月27日 15:46
>ゆめさん
そうですね、だいたい二ヶ月程度かかるようです。

>美臣さん
そうなんですよー、診断書代が高かったんです(泣)。
持ったら持ったでいろいろあるんですね…。
Posted by tethys at 2009年09月27日 17:34
残念でしたねと言うべきか、重篤でないと判断されたということで良かったですねと言うべきか。
うん、やっぱり良かったですよ!!
ネットではどうしても承認される(重い)方が目に付くので、承認されるものなんだというイメージを持っていたのですが、やっぱりそれはバイアスかかってますよね。
Posted by やまぶき at 2009年09月27日 20:12
そうですね、これでよかったと思うことにします。
こういう人もいるんだと思って他の人の参考になれば、高い診断書代も無駄ではないと感じます(半泣)。
Posted by tethys at 2009年09月27日 20:40
年金は却下が多いこともあるけど
手帳の却下は初めて聞きました。
そもそも手帳の申請は主治医が
「診断書を出せば手帳も出るよ」
って感じで申請するパターンが多いので
主治医の書く診断書は手帳が出る前提で書いているはずなんです。
もしかして、主治医に「君だと出ないかもしれないけど・・」って言われながら書いてもらいませんでしたかた?(笑)
主治医もどの項目に丸をつけると手帳が出るかだいたい分かっているんですよ、きっと。
もし、今後、調子が悪くなった時で、どうしても手帳が欲しかったら、再申請すればいいと思います。
手帳のいいところは「使いたい場面で使えばいい」というところです。隠しておきたい場面では提示しなければいい話ですから。でも実際持つともっと不便なこともあるのかな
Posted by 桜 at 2009年09月28日 09:26
>主治医に「君だと出ないかもしれないけど・・」って言われながら

鋭い! さすがです。まさにその通りです。
http://tethys.seesaa.net/article/122740601.html

このときは調子が比較的に良かったのですよね。
今は良いか悪いか微妙なところなので、再申請すべきか迷うところです。
Posted by tethys at 2009年09月28日 18:09
怒られるかもしれませんが、却下されないかなぁ…って思ってました。

ご自分では気づかないかもしれませんが、回復の兆しが私には見えるんで。

先輩風吹かすわけではないですが、私が体験した世界をたどっていらっしゃるんです。

いろいろご事情があるとは思いますが、前向きに考えてください。回復できる可能性がある、とお墨付きをもらえたと捉えて。
Posted by うつらうつら at 2009年09月28日 21:08
ありがとうございます。
怒るなんて、そんなことはありませんよ。
保証してもらえて嬉しい限りです。
このまま自分を信じて進みたいと思います。
Posted by tethys at 2009年09月28日 21:25
最近障害者手帳の基準が厳しくなっていると聞きますから、仕事をされている時点で無理なのかもしれません。
1人暮らしで仕事が出来ない状態でも申請却下されましたから(^_^;)

でも申請してみないと結果はわからないですから、
診断書代がかかりましたが申請してよかったと思います。

あとは自殺未遂とか入院してたとかなら通るみたいです。

tethysさんはだいぶよくなっていると前向きにとらえてください。

なので再申請は仕事が出来ないくらい悪化したときにすればいいんじゃないかと思います。
おそらく仕事が出来る状態では絶対っていうほど認められないと思います。

えらそうなコメントで申し訳ありません。
Posted by けん at 2009年10月10日 23:00
なるほど、1人暮らしで仕事が出来ない状態でも申請却下されたということは、出勤できる状態では認めてもらえる可能性がほとんどないわけですね。

おっしゃる通り、回復しているのだと思うことにします。
Posted by tethys at 2009年10月11日 06:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。