2010年05月20日

今日も(略)

妻に、「今日行かなかったら三日坊主ね」と言われ、
「先週二日間行ったじゃないかよ」と反論したら、
「そんなの無効」と言われた。

というわけで行ってきた。とりあえず三日坊主じゃないぞ。

出勤シミュレーションはうまくできたので省略。

図書館では、社会不安障害(SAD)に関する本を見つけたので
それを読むことで午前中は過ごすことができた。

午後は小説を読むことにした。
だがこの図書館、資料館的色彩が濃いせいか小説が非常に少ない。
少ない中から短編ものを選んで読んでみるものの、大体30分ほどで挫折。
中には引きこもりが主人公な場合があって気が滅入ってしまった。

というわけで、今回も16時までという目標は果たせず15時30分で
図書館をあとにすることにした。

ちゃらんぽらんにやっているこの活動だけど、小説を読み切れない
ということは、仕事に必要な集中力が戻っていないということでは
ないだろうか。
専門書も今は避けている。とても読める気分にはならない。
自分はまだ復職できる段階ではないのだろうか?

明日は通院日。診断書を書いてもらわねばならない。
よく相談しなければならないな。

ペタしてね


ラベル:うつ病
posted by tethys at 17:35| Comment(10) | TrackBack(0) | 休職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このけしかけ方?!というか、かわいい我が子を谷に突き落とす感じの奥さまの一言・・笑いました。
う〜ん!とっても素敵!

たぶん、日頃から読書があまり好きでないのではないでしょうか。
うつ状態になると、文字が読めなくなる・・と言われますが、私はテレビも新聞も読めなくなりました。が、本当に面白い本は読むことができるくらい読書大好き人間でした。
今でも、本屋さんに行くと、居心地がよくて、ホッとするくらいです。

本がダメなら、書きものはいかがでしょうか。
私は、手紙を書いたりしています。
あと、紙に自分の気持ちを書きだしたり、したいことや希望する未来を徒然なるままに書くのもいいですよ。
アウトプットって脳を軽くする作業のひとつです。
心に負担でなければですが・・。

あと、観察日記もお勧めです。
目につく人のことを推察してみる。妄想してみる(笑)
「こいつ六法全書を開いているから、万年不合格の司法浪人かしら?家では奥さんが看護婦さんで家計を支えていたりして。」とか。
・・・すいません。おもいっきり野次馬目線のお勧めで・・。ご参考まで。
Posted by 桜 at 2010年05月20日 18:57
妻はひどいですよね(笑)。

読書はあまり好きではないというか、普段してない
ので慣れていないんですよね(^^;

書いてみるか…何かのきっかけになるかもしれませんね。
参考にさせていただきます。
Posted by tethys at 2010年05月20日 19:18
素敵な奥様 羨ましいです(笑)

また医師もきちんと相談出来る方で良いですね

私は先週より業務が増え調子落としましたが たまたま気付いた同僚が半分買って出てくれたので ちょっとスッキリ(笑)

でも日内変動激しく 今日も夕方急に楽になったり…
お互い一歩一歩ですね
Posted by K at 2010年05月20日 20:26
おお、負担をヘルプしてくれる環境は素晴らしいですね。
まさに理想の職場でうらやましいです。
Posted by tethys at 2010年05月20日 20:52
たまたまなのか 任せられなかったのか(笑) 若い頃ならともかく 良いのか悪いのか…

でもその人が居なかったら…という位 年下なのにフォローして頂いてます まだ着任2ヶ月だから大目に見てくれたのかも(笑)

まあ 今の状態なら 仕方ないです

人生いろいろですね…
Posted by K at 2010年05月20日 21:00
いえいえ、フォローしてくれる環境は
本人が抱え込むことに比べればはるかによいことだと思いますよ。

Kさんのように仕方ないと割り切れる思考は
見習いたいですね。
Posted by tethys at 2010年05月20日 21:13
久しぶりの奥様のパンチのきいた一言に、私も笑ってしまいました^^;
頭のいい方なんでしょうね。

本は今の時期は、まだ相性がありませんか?
作家さんとの。
私はそうなので、昔懐かしい星新一とか、河合隼雄先生や南木佳一さんのエッセイで慣らしましたよ。
そしたら、徐々に読める作家さんも増えてきて、うつ病関連の専門書にも辿り着けました…。
今は高橋和巳先生の本を少しずつ読んでますが、泣けるので図書館では目立ってしまうかもしれません。。。
Posted by 美臣 at 2010年05月20日 21:13
自分の妻は自分がうつ病だというのに優しくありません(笑)。

そうですね。今はこの作家の作品は〜って感じに
巡り会えていませんね。
自分はうつ病関連の書籍ばかり読んでいます(笑)。
泣けるほどの心を動かす本に巡り会えるのはいいですね。
Posted by tethys at 2010年05月20日 21:25
奥様の力って大事ですよー
ウチのは必殺仕分け人で、自分の健保だと自立支援で無料になる事を調べ上げただけですけどー
ドラマにもなりましたが、図書館でコミック読まれましたか?
爆笑できるうつや適応障害のコミックって良いですよ。
奥様のストレス発散の意味も含めて....
Posted by ポチ at 2010年05月21日 12:04
すごい奥様ですね。
自分の通っている図書館にはコミックスがないんですよ。
あれば、けっこうな時間つぶしになるのですけどね。
残念です。
Posted by tethys at 2010年05月21日 20:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。