2010年07月26日

図書館へのテンション

今日はゆっくりと三田図書館に行った。
小説二冊読了して図書館を後にした。
両方ともページ数が薄めだったので、早めの帰宅となった。

どうもここ最近、図書館へのテンションが下がっているような気がする。
リワークと違って、サボっても怒られないし(リワークは
無断欠席は電話がかかってくる)、周りは勉強などしているのに
こっちは悠長に小説など読んでいるといたたまれなくなってしまう。

一週間の中のリワーク日数を増やすか(今は週3日)?
でも読みたい小説もあるしなあ。

悩みどころである。

ペタしてね
ラベル:うつ病
posted by tethys at 17:18| Comment(7) | TrackBack(0) | 休職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そのいたたまれないけど、行くって感じが逆にいいかもよ!仕事ってそんな感じじゃない?
それとプラス、こんな風に読書にいそしめるのはもしかしたら、人生これで最後かもしれないから、今を満喫しちゃうってどうですか?(笑)仕事に行きだしたら、読んでる気力も時間もないから!次、図書館通いするのは、退職後よ!
Posted by 桜 at 2010年07月26日 18:54
おはようございます(^-^)
私からしたら図書館で本を読むなんてうつになるちょっと前から無理なのでちょっとうらやましいです。他人なんて関係ない。今できる事を楽しんでくださいね(^_-)
Posted by くうみい at 2010年07月27日 06:47
お体の調子どうですか。健康なものでも今年の夏はダウンぎみです。宜しかったら、私の娘のことを書いた日記を読んでください。私の今の現状です。さるさる日記テーマ心の日記:壊されてしまった娘の心と司法との壁;です。
Posted by taka at 2010年07月27日 07:51
小説は一度はまると、抜け出せませんよ(笑)

読み始めると、やっぱりラストまで気になっちゃいますもんね。

でも、本は良いですよ。
感性も磨かれるし☆

いまは図書館通いして良い時期だと思います。
Posted by ねえたろう at 2010年07月27日 09:51
この暑い中、たんたんと日課にしてらっしゃるtethsさんには頭が下がります。波も体調もありますから、あまりお気になさらずに....
きっと今回の休職がたくさんの抽斗になると思います。うらやましいなぁ
三田図書館の気分転換に慶應大学の図書館などいかがでしょう?これまた趣の違った書物と建築に出会えるところです。
建築家(まだ生きてますが)の思い入れなども一見の価値ありですよ。
Posted by ポチ at 2010年07月27日 18:34
そうそう、その「何が何でも行かなきゃならない感」の差、みたいなの
(と私は思っているのですが)がリワークやデイケアにある魅力なんですよね〜

悩むお気持ち、わかります。
Posted by nama at 2010年07月27日 19:48
>桜さん
見方を変えればそうかもしれませんね。
どうも最近周りが気になり出して…。夏休みも始まりましたしね。

>くうみいさん
いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。
そうですね、図書館通いできない方もいらっしゃいますので
贅沢な悩みですね。何とか今のリズムを維持しようと思います。

>takaさん
暑いの避けて調子はまあまあと言ったところです。
日記は後で目を通させていただきます。

>ねえたろうさん
小説は、自分のターゲットはかなり狭いので、
手にとっては戻すの繰り返しで、やっと一冊にたどり着きます。
感性、磨かれるといいなあ。

>ポチさん
どうかなあ、小説ばっかなので抽斗になるかは微妙なところです(笑)。
慶応大学の図書館ですか。専門書が読めるようになったら
行ってみたいですね。

>namaさん
リワークは一応、会社と同じような仕組みでやってますからね。
無断欠席はいかんのです。
Posted by tethys at 2010年07月27日 20:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック