2010年12月05日

再発防止策…これでいいのだろうか

12/8の産業医面談に向けて、宿題である再発防止策について詰めている。

おととい通院日だったので、一応一区切りつけた再発防止策を主治医に見せた。
すると、無理をしないとか、徐々にステップアップなど、やや後ろ向きな対策ばかりで、
もう少し行動するようなポジティブな対策が必要なのではないかと指摘された。

そこで、カウンセラーさんとも相談し、アドバイスを受け、
自分なりに以下のような対策を考えてみた。

1)技術者としてのモチベーションを高く維持する
2)業務の原点を常に見つめ直す
3)次々に出てくる様々な課題について、どのように対応するかロードマップを作成する
4)日常的な認知療法の訓練


(1)については業界誌を読んだり勉強したりして達成する。
(2)は業務内容をよく分析することでやりがいを見いだす。
(3)は業務がいろいろ同時に重なったときに焦らない対策。
(4)については、落ち込みを防いでポジティブな思考を身につける。

うーん、これで相手に伝わるかなあ。
いや、仮に伝わったとしても全て実践できるか自信が無いなあ。

何か足りないことはないかな?
明日も一応時間は空けてあるので、考えてみることにする。

ペタしてね


ラベル:うつ病
posted by tethys at 17:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 休職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごく良いと思いました!
モチベーション維持しつつ原点を見つめなおせばムダの省き方も大胆になるだろうし、認知の改善にもつながって脳や身体に負担をかけすぎることも無くなりそうだし。
デイケアでも感じるのは、やはり真面目な人が多いこと。
自分で、これは人に聞いちゃダメだろうなぁとか、これは常識はずれだろうとか、そういった思考回路も、もしかしてムダな労力の一つかもしれないと思いました。
結構、思ってるより、口に出して誰かに聞いてみても良いのだと思います。
周りを巻き込むくらいの力、tethysさんにはあると思いますよ!
自爆しないペースでお互いに行きましょー☆
Posted by 美臣 at 2010年12月05日 18:51
素晴らしい うらやましい....
5)テンパったらキチンと気分転換に外へ出かける。
自分が人事考課の期初目標に書いたことでした。
なかなかイイですよ〜
Posted by ポチ at 2010年12月05日 19:55
理論的でよくまとまっていると思います。

何度打ち砕かれても、チャレンジする精神でいきましょう!
それがポジティブシィンキングの第一歩です♪


過去に技術や知識不足がスキル・アンマッチなのでは。。。?
という不安を招いているような気がしましたし、
モチベーションをキープ&ポジティブシィンキングに
至ったという結果をNOと言えるワケがありません。


確かに全てを一気に行うというのはなかなか難しい
ことのような気がしますね。。。


カンペキ主義を主張しすぎると再発防止という観点
では医師によってはNGと考えている方もいらっしゃる
ので、ポチさんのようにテンパったらガス抜き。。と
いう要素も加えてみるのも手かもしれないですね☆


(1)〜(3)の行動は必要に応じて、柔軟な対応が
できるように(4)を行うクセを付けるという感じで
どうでしょう・・・?(^^;

Posted by usamiri at 2010年12月05日 20:42
>美臣さん
そうですね、誰かに伝えて相談していくこともこれからは大切ですね。
周りを巻き込むだけの力はあるかどうかわかりませんが(苦笑)。
自分なりのペースを考えて実行していきたいと思います。

>ポチさん
ウチの職場環境だと、気分転換はいつでもできる(外はちょっと難しいかも)
ので、積極的に活用しようと思います。

>usamiriさん
そうですね、一回の失敗で落ち込むことの内容にしたいものです。
内容的にはなかなか結果に結びついてこない面もあると思います。
そこで焦らないようにしたいですね。
実践は(1)から手をつけつつ、(4)を身につけたいですね。
Posted by tethys at 2010年12月12日 18:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。