2011年09月22日

スカウトメール

前回病気を開示した会社は残念ながら書類選考落ちとなった。

これで、就職エージェントから提示された求人は全て落ちた。
どうしようか考えていたところ、同会社の別のエージェントからスカウトのメールが来た。

出された会社は、最終ターゲットの製品についての知識は皆無で、
出資比率に中国が50%以上握っているのが不安であるが、
それ以外の条件はよく、なによりも自宅から近い。

どこまで役に立てるか難しいところではあるが、とりあえず申し出を受けることにした。
まずは書類選考が通って欲しいところだ。

ペタしてね


ラベル:うつ病
posted by tethys at 12:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 無職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お節介を承知で書きます。
近場の職場、もし選考に通れば生活リズムを立て直すいいきっかけになるかもしれません。
私もそうでしたから。

が、今就活している段階でなかなか調子が整わないのは、
就職することが目的になってしまっていて、
生活のモチベーションが上がらないためではないかと感じています。
(同様のことを、実はtethysさんが前職に勤めていた際も思っていました)

「何のために」(生活のため以外に(もちろんそれもあるけれども))職に就きたいのか、
それで食べて行きたいのかが見えないと、仕事に就いてもまた同じことの繰り返しではないかと思います。

とはいえ、まず行動を起こしてみる姿勢自体はいいことであり。
最初書いたように、何かのきっかけになるかもしれませんから。
まずは結果を待ちましょうか。
考えるのはそれからでぜんぜん構わないです。
でも、ちょっと振りかえって見てほしいなと。
Posted by nama at 2011年09月23日 06:05
↑なんか、余計なお世話なコメントでごめんなさい・・・

これだ!と思える場所が見つかりますように。
Posted by nama at 2011年10月06日 10:36
ご指摘の通り、就職が目的になっている感は否めません。
言い訳をすると、やりたい仕事があったのですが、
業界の状況を調べるとかなり厳しく、さらに転職エージェントにダメ出しされ
凹み、断念しました。

そうすると、このご時世でなかなか職に就けない現状を鑑みると、
今のキャリアで勝負するしかないんですよね。
このキャリアも自分でなりたくってなったわけでもなく、
成り行きでなった感じなので、愛着がわくまで10年近くかかりました。

もともと、子供の頃から「〜になりたい」という願望もなくきたので
なるべくしてなった到着点かもしれません。

挑む会社の情報は乏しいですが、丹念に調べてやりがいを見いだせるように
するつもりです。

ぜんぜん余計なお世話じゃないですよ(笑)。
ありがとうございます。
Posted by tethys at 2011年10月06日 18:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。