2008年05月12日

ヘカトンケイル攻略

明後日は産業医面談でフルタイム復帰の判断を行う予定である。この調子だと15日からフルタイム勤務となりそうだ。

今日は今やっているゲームの話。

現在進行中のゲームはRPGで世界樹の迷宮II 〜諸王の聖杯〜先日の日記で難関を突破したというのは、このゲームでヘカトンケイルという言わば中ボスをレアアイテムドロップ付きで倒したからだ。これまで何度か挑戦してダメだったため嬉しさもひとしおだった。
ヘカトンケイルを倒したとき、ちょうど妻の診察が終わって受け付けも終了して出て行くところだった。思わず、

「ちょっ、ちょっと待って! 今セーブするから!!」

と周りに人もいる受付の前で声を出して醜態をさらしてしまった(笑)。

以降は誰かの参考のためにヘカトンケイルを倒したときの記録である。この方法は確実な攻略法でもないと思うし、運にも左右されると思う。興味のある人は続きを読んでもいいし、読まなくてもいい。

準備するアイテム
 耐壊ミスト
 アクセラ たくさん
 アムリタ 何個か
 ネクタルIII
 ネクタルオールII

メンバー
 前衛:ソードマン(Lv.70)、ダークハンター(Lv.71)
 後衛:メディック(Lv.72)、カースメーカー(Lv.71)、アルケミスト(Lv.71)

主なスキル(全てMAX)
 ソードマン:パワーゲイン、HPブースト、STRブースト
 ダークハンター:エクスタシー、HPブースト、STRブースト
 メディック:レジストデッド、フルリフレッシュ、エリアヒール、リザレクション、TPブースト
 カースメーカー:変化の呪言、博識
 アルケミスト:雷撃の術式、解析、TPブースト

主な装備
 ソードマン:邪竜の長斧(壊属性で倒すため)
 ダークハンター:クイーンズボンテージ(FORCEを上げやすくため)
 メディック:氷河の鉄杖(行動が早くなる)

攻略
 まずヘカトンケイルと遭遇する前に適当にザコを撃退してダークハンターのFORCEをMAXにする。そのときTPを消費しているメンバーがいればアムリタで補充しておく。
 1ターン目 ソードマン:通常攻撃、ダークハンター:オールボンテージ、メディック:耐壊ミスト、カースメーカー:変化の呪言、アルケミスト:雷撃の術式
 2ターン目 ソードマン:通常攻撃、ダークハンター:エクスタシー(全縛りのとき)or通常攻撃、メディック:レジストデッド、カースメーカー:ダークハンターにアクセラ、アルケミスト:雷撃の術式
 以降はアルケミストの雷撃の術式を攻撃の中心に、ソードマンは通常攻撃、ダークハンターはオールボンテージ→エクスタシー、メディック・カースメーカーはダークハンターにアクセラで進める。状況の応じてメディックがエリアヒール・フルリフレッシュ・リザレクションを駆使する。変化の呪言・レジストデッドは5ターン毎にかけるのを忘れないこと。
 ヘカトンケイルHPが0に近づいたらソードマンのみパワーゲインで攻撃して倒し、レアアイテム(千手巨人の杭)ゲット。
 自分の場合は、ダークハンター以外全員死亡したターンがあり、ネクタルオールIIを使用した。また、メイン攻撃主のアルケミストが死亡した際、メディックのリザレクションではなくカースメーカーがネクタルIIIを使用した(そのときメディックはレジストデッド)。
 こちらがピンチの時にヘカトンケイルが奈落からの慟哭を使ったり、縛られた部位の技を使ってきて無効になりノーダメージのターンがあったので運が良かったのだろう。


posted by tethys at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。