2009年03月20日

メインPC復活

電源を投入してもモニタに映らなかったメインPC、マザーボードをケースから取り出して、つなぎ直してみたら、あっさり動作した。

工エエエ(´д`)エエエ工

改めてマザーボードをケースに取り付ける。電源投入。正常起動。

  ワケ     ワカ       ラン
  ∧_∧   ∧_∧    ∧_∧
 ( ・∀・)  ( ・∀・)   ( ・∀・)
⊂ ⊂  )  ( U  つ  ⊂__へ つ
 < < <    ) ) )     (_)|
 (_(_)  (__)_)    彡(__)

とにもかくにもメインPCは復活
ただ、時刻は故障した日時のままだった。全く何があったのだろう??
まあ、お金をかけずに復活してよかった。
美臣さんのおっしゃったように、ちょっと休ませてくれということだったのかもしれない…



ラベル:PC自作
posted by tethys at 16:01| Comment(4) | TrackBack(0) | PC自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

うぎゃあ、MacBookが…(T_T)

天板が凹んだorz

机の上に危険な位置で置いておいたら、そこにプルートが乗っかり、そのまま見事にひっくり返って落下し机の脚に激突、大きなキズとともに見事な凹みができてしまった。

Appleに問い合わせてみたら、天板の交換には45000円以上かかるとのこと。ネットブックが買えちゃうよ!
AppleCare Protection Planに入っているけど、こういう事故は対象外なのね…。

うーん、アルミのボディは衝撃に弱いなあ。
なんか、車のボディが事故で凹んで板金修理を頼みたい気持ちと同じなんだろうか。
ディスプレイの方に影響がなかったのがせめてもの救いだ。トホホ。

さてプルートですが、下痢気味だった便が回復しました。点滴効果てきめんといった感じで、今日は動物病院へは行きませんでした。
今日はフードを15gずつ4回に分けて与えています。
しばらくは注意して見守る予定です。
posted by tethys at 19:34| Comment(5) | TrackBack(1) | PC自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

Intelの64GB SLC SSDが出た模様

ちょっと前から気になっていたIntelの64GB SLC SSD(SSDSA2SH064G1C5)が発売されたようだ

64GBという容量はWindows Vistaのシステムドライブ(Cドライブ)にちょうどよい。32GBだとやや不足気味。

でも価格は…買えねえorz

しかし、しかしですな、32GBモデルだって、ものの一ヶ月半でガガーンと価格が下がったのですよ!
夏になったら…買えるかなあ…(遠い目)。
ラベル:PC自作
posted by tethys at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | PC自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

メインPC(1st.PC)更新

今日は完全に趣味(PC自作)の話です。興味のない方は読み飛ばしください。

続きを読む
ラベル:Core 2 Quad PC自作
posted by tethys at 20:04| Comment(3) | TrackBack(0) | PC自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

SeagateのHDDその後

お祭りになっているSeagateのHDD不具合騒ぎ。
とりあえず日本の代理店からは自ら販売しているロットの製品では不具合はないとアナウンスしているようだ。
これらを受けて、販売を停止していたショップも再開している模様。

さて自分の方はというと、ようやく今日自分のHDD(ST31500341AS(1.5TB HDD))をチェックしてみたところ、ファームウェアが「CC1H」と表示された。
このバージョンのファームウェアはアップデートする必要はなく、問題ない製品のようだ。

seagate_firmware


SeagateのHDDは、3rd.PCにも500GBのものがあったので調べてみたら、これは不具合の報告されてないモデルだった(Barracuda 7200.10 ST3500630AS)。

問題ないとアナウンスされているものでも不具合が発生したとネット上では報告があったけれども、HDDの普通の故障の範囲内のような気がするので、自分的には、新たなアナウンスがない限りこの問題は収束だ。

ちなみに何で今日までHDDのチェックをしなかったというと、1st.PC用に昨日買ってきたメモリが不良で、その問題に追われていたからだ。
今日買ってきたショップのサポートセンターに行き、初期不良であることがわかり、交換となった。

それにしても1st.PC、電源ユニットの故障に始まり、HDDの不具合疑惑BDドライブの電源コネクタ破損、そして今回の増設メモリ初期不良と、ここ最近立て続けに不運に見舞われている。
もうトラブルがないといいのだけど。

というわけで、今日はちょっと疲れたのでコメントへの返答は明日以降にさせてください。
ラベル:PC自作
posted by tethys at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | PC自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

SeagateのHDDに致命的な不具合

Seagate製ハードディスクのファームウェアに致命的な不具合、起動不能・アクセス不能になることが判明 - GIGAZINE
Seagateの主力ハードディスク Barracuda 7200.11に致命的な不具合 - Engadget Japanese
SeagateのBarracuda 7200.11などにアクセス不能になる不具合 ー PC Watch

自分が先日購入したHDD(ST31500341AS(1.5TB HDD))がコレだよ!

自分のHDDが該当するかどうかチェックするツールがあるらしいが、自分がアクセスする頃には姿を消していた。
そもそもこのHDDは、メインPC(1st.PC)に組み込んであるので、電源故障中の今は確認のしようがない(笑)。

ここは慌てず騒がず、メインPCが復旧するのを待ってから行動を起こすしかないな。
どうもSeagateに直接問い合わせて(英語)、修正ファームを取り寄せないとならないらしい。久しぶりの英語のメールによる交渉になりそうだ。

電源が復旧した後、HDDがちゃんと認識することを祈りたい。
…って、そんなことを書いているうちからこんなニュースが!
GIGAZINE編集部のSeagate製ハードディスク「Barracuda 7200.11」がついにアクセス不能に ー GIGAZINE

なんか、アメブロでも使用しているらしいので、アメブロユーザーも注意してください(笑)。
アメーバブログが画像保存サーバーに不具合のあるSeagate製HDDを使用、ユーザーに注意を呼びかけ ー GIGAZINE

ところで、1st.PCの電源ユニット(Abee SR-2480A)は、Abeeに問い合わせたところ、もう生産終了で在庫がないので、後継機種(S-550EC)に代替交換となるとのこと。
電源容量も増えて、実質的なグレードアップだ。これは素直に嬉しい。
今後もついていくぜ、Abeeさん!
ラベル:PC自作 Abee
posted by tethys at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | PC自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

メインPCが起動しなくなった。

昨日から、メインPC(1st.PC)の電源が入らなくなった。

正確に言うと、電源は入るのだが、いざ起動するときに切れてしまう。しばらくすると自動的にもう一度電源が入るのだけど、すぐに切れる。
何度も何度も電源スイッチを入れてみてが、上記症状のまま起動しなくなった。

これは電源ユニットの故障だなと思い、予備の電源ユニットを接続すると電源が入った。しかし予備電源は6pinのPCI Express電源コネクタがないため、ATI Radeon HD 4850を装着している1st.PCでは使用することができない。

故障したと思われる電源ユニットはAbeeのSR-2480A。保証書を見てみたら三年保証だった。
これを購入したのは確か2006年の夏だから、やりぃ、無償修理が可能だ…っと、思ってたら、レシートがない!


続きを読む
ラベル:PC自作 Abee
posted by tethys at 21:46| Comment(4) | TrackBack(0) | PC自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

PCパーツを買いに秋葉原へ

1st.PCのストレージリプレースと3rd.PCのリプレース、義兄に渡すPC作りの目的で、秋葉原までPCパーツを買いに行った。

三が日の今日は都心はすいていたけど、予想通り、やっぱり秋葉原は人がたくさんいた。

実にいろんな店をまわった。これだけまわったのはおそらく初めて。

買ったもの。

続きを読む
ラベル:PC自作
posted by tethys at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | PC自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

MacBookのメモリ増設

先日の日記で、「メモリを4GBに増設した」とさらりと書いたけど、この増設作業、なかなか容易にはいかなかった。

いつものPC自作の気分でいた自分は、買ったお店のメモリ増設サービス(有料)を断って自分でやることにした。メモリ増設なんていつもやっていることだし、何の気にもしなかった。

ところがスタイリッシュなノートPCのメモリ増設は、いつものPC自作とは勝手が全く違っていた。

まず増設のために本体裏に止められているネジを外すわけだが、このネジ、精密ドライバーでないと回すことができない。PC自作では精密ドライバーは必要ないのでちょっとカルチャーショック。
家にある精密ドライバーはキャン★ドゥで買った安物しかない。これを使ってみたら、ネジが全く回らず、危うくネジ山を潰しかけた。

これはまずいと思ったので、日を改め、ドン・キホーテで800円くらいの精密ドライバーセットを購入、これを使ってみたらあっさりとネジが回って一安心。

ネジを外して、本体裏を開けてさあメモリ増設。メモリを増設するには既に装着されている1GBのSO-DIMMx2枚を外して、2GBx2枚を取り付ける。SO-DIMMも初めてだったけど、これは何とかつけることができた。

そして電源投入…あれ、2GBしか認識されていない。
改めてネジを外してメモリを挿し直してみたけど、やっぱり2GB。2回ほど繰り返した。

システムプロファイラで調べてみると、片方のSO-DIMMが認識されていない。システムプロファイラの表示ではどっちがどっちのスロットを指しているのかわからないので、とりあえず一枚外してみる。
そうしたらビープ音が鳴って起動しなくなった。これはメモリが認識されていない現象である。

ありゃ、2枚のうち1枚は初期不良かなあと思い、1枚ずつ交換して挿して確認してみる。そうしたら、両方ともちゃんと認識するではないか。少なくともメモリは初期不良ではない。

そんなこんなで頭を抱えつつ、今度は慎重に、丁寧に、祈るような気持ちでSO-DIMMを2枚挿して電源を投入したら、やっと4GBと認識された。

ここまでくるのに長かった…


結局、無事4GBになった決定打はわからなかった。しかし1067MHzのDDR3など相当タイミング的にシビアなのは想像に難くない。ちょっとしたコネクタのずれとかで認識しなくなるのかもしれない。
ラベル:MacBook
posted by tethys at 22:20| Comment(4) | TrackBack(0) | PC自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

MacBookを買った

ボーナスが出たのでついに購入。これまでほとんど自作PCでやってきたので、メーカー製PCを買うのは実に13年ぶり。ついに買ったよ、住人さん!

にゃんだこれは?

MacBookは以前からちょくちょくショップウォッチしていたけど、ビックカメラでは5%しかポイントがつかないので躊躇していた。
しかし、先日秋葉原のヨドバシカメラに行ったら、年明けまでの期間限定15%ポイントになっていた。そして今日、新宿のビックカメラに行ったら、こちらも対抗して15%になっていた。そこで購入を決意した。
ついでに増設用メモリも購入し4GBにした。値段がヨドバシカメラよりも高かったので交渉の末、同じ値段にしてもらった。

これまで仕事柄Windows、Solaris、Linuxはさわってきたけれど、Macは初めてなので設定やアクションが新鮮だ。

とはいうものの、先ずやったことはBoot Campを使ってWindows XPのインストール(笑)。ここでインストール中に「Disk Error」となってブートしなくなりちょっと焦ったけど、解決策を見つけて無事インストール終了。Office等を入れてひとまず使える環境にした。

その後ダウンロード購入したATOK2008 for Mac、VMware Fusionをインストール。VMare FusionはBoot CampでインストールしたWindows XPをインポートした。
VMare上でWindowsが走ることができたが、ハードウェア構成が大幅に変わってしまったため、ライセンス認証を再度やる羽目になった。しかもBoot Campで一回認証してしまったため、自動認証が使えず、電話の認証になる。面倒だから明日にしよう。

というわけで、大体の設定は完了した。明日からはMacからブログの更新になる予定だ。
ラベル:MacBook VMware Fusion
posted by tethys at 20:21| Comment(2) | TrackBack(0) | PC自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

充実した昨日

今日は引きこもってゲームしかやらなかったので、昨日のことについて。

昨日、プルートの予防接種が終わった後、妻の出張の慰労食事も兼ねて新宿へ出かけることにした。

先ず見たかったのは、新宿駅構内のアルプス広場で行われていたASUSのイベント。先日発表されたばかりのEee PC S101の実物を見に行った。

たくさんの人だかりだったが、ちょうど空いたので手にとってみる。どうしても安っぽさが出てしまうネットブックの中で、これは薄いながらキーボードも打ちやすく、確かにスタイリッシュ。これはいい製品だと思う。

しかし自分にはちょっと物足りない。何故か。それは先日、先月発売されたMacBookを触ったからだ。あのアルミのボディと信じられない程薄いディスプレイ、惚れました。これを触った後だと、さすがのEee PC S101も霞んでしまう。値段のレンジが全然違うけど。

その後はLUMINEに向かい、LUMINEカード10%オフを利用して、PEACH JOHNの直営ショップに行った。前回と同じく適当に物色して、試着・購入の段になったら自分一人そそくさと退散。しかし今回は10%オフのためかたくさんの女性客でごった返しており、妻が試着と購入がすんだのは30分後だった。

これに疲れたのか、妻は少々不機嫌モード。食事はお店を予約しなかったので、行く先々、落ち着いて食事をできる店は全て埋まっていた。さすが土曜の夜。
結局、「肉が食べたい」という妻の希望を受け入れて、ガッツリ系のステーキ飲食店で食事をすることにした。

そんなこんなで、妻はご機嫌斜めであったが、帰宅後にプルートと遊んで機嫌を直してくれた。まさにプルート様々である。

というわけで、昨日は午前中からいろいろ動いて、自分としては珍しく充実した休日だった。
posted by tethys at 21:57| Comment(2) | TrackBack(0) | PC自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

Friio BS/CS追加でトリプル同時録画

3台のFriio


10月にBS-iで録りたいアニメ作品が出てきたので、ようやくというか、Friio BS/CS(黒Friio)を購入した。これでデジタル放送はトリプル録画体制だ。

新ビデオキャプチャ環境


設定にはちょっと手こずってしまった。

Friio Viewerを起動しても白Friioが見えるだけで、黒Friioへの切り替えの仕方が全くわからなかった。
いろいろ調べていくうちに、同時接続をしている場合は、起動オプションをつける必要があることがわかった。

 白Friioその1 "C:\Program Files\Friio\FriioView.exe" -o 0
 白Friioその2 "C:\Program Files\Friio\FriioView.exe" -o 1
 黒Friio    "C:\Program Files\Friio\FriioView.exe" -o 2

これで黒FriioでBSデジタル放送が視聴することができた。
しかし、いつも使っている録画ソフト「TVRock」でうまく黒Friioが起動しない。設定にて、「チューナーC」タブで「不利男 BS/CS」を設定しても、BSデジタルのチャンネルが出てこない。

調べてみたら、TVRockの中にFriio設定ユーティリティ「FTune.bat」があることがわかった。これをダブルクリックして起動したウィザードに従うことで、無事黒Friioを認識させることができた。

うまくいったところで、TVRockからトリプル同時録画も試してみた。特に問題なくあっさり録画することができた。これで準備もバッチリだ(笑)。

先日リリースされた最新ソフトウェアVer.1.90 BETAによると、サーバからネットワーク経由で複合に必要な情報をもらって復号するため、受信にB-CASカードが不要になるらしい。恐るべしFriio。
ラベル:PC自作 friio
posted by tethys at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | PC自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

今日は特に何もありません

今日は可もなく不可もなし。

考えていたことといえば黒Friioを買うかどうか迷っていたぐらい。まだポチっていない。

自分にとって黒Friioが役に立つ場面はかなり限られている。TBS系のアニメの一部作品では、地上波では左右カットされた4:3の画面で放送され、BS-iだと本来のワイド画面で放送されることがある(今だと「ひだまりスケッチ×365」そうらしい)。
自分の録りたいアニメがこのような放送になったとき、黒Friioが必要なのだ。逆に言うと、それ以外で黒Friioが役に立つケースはほとんど無い。

そんなわけで購入動機が乏しいのに加え、こづかい帳が赤字なのが加わって、いつものようにポチっといかない。でも、いつ輸入規制がかかってもおかしくない状況なので、手に入れるなら今のうちという迷いもある。よって、未だ結論が下せない状況だ。

ところで今日は、妻と共に女性下着通販のPEACH JOHNの直営ショップに足を運んだ。
なんでそういうことになったかは秘密だ(笑)。

店の入り口から見ると、女性客しかおらず、妻に寄り添う形で店に入った。女性下着ショップなんぞ入るのが初めてだったので、かなり緊張した。でも店員や客は自分の存在を気にもとめていないようだった。目のやり場に困るので、できるだけ妻と同じ視線にいるようにした。
キティちゃんの刺繍の入った下着があったりして面白かった。でも、その分だけ値段が高めに設定されているようだ。

妻がブラジャーの試着をするというので、そこでギブアップして自分一人退散することにした。試着中に男一人ショップに残されるのはさすがにきつい。

結局、妻は上下1セットを購入したようだった。しかし妻よ、PEACH JOHNって、調べてみたら10&20代をターゲットにしているようだから、君にはくぁwせdrftgyふじこlp
ラベル:家族 PEACH JOHN friio
posted by tethys at 22:27| Comment(2) | TrackBack(0) | PC自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

九十九電機のパーツ交換保証 その2

先日の日記の通り、昨日の夜に秋葉原のツクモ電機に寄り、パーツ交換保証を使って、NVIDIA製のビデオカードに交換した。差額は1,500円程度。

その日のうちに3rd.PCに取り付けてみたが、またSATAのBIOSが立ち上がらず、Windowsが起動しない。まあ、予想はしていたのだけどね。このマザーボード(MSI K8MM-V)は、AGPとSATAが両立しないような気がしていた。

仕方がない。3rd.PCでWUXGA(1920x1200)を映すのはあきらめよう。しかし手元に残ったビデオカード、1st., 2nd.PCはPCI Expressなので、このままでは全く無駄なパーツになってしまう。

いろいろ思案した末、もう一度パーツ交換保証を利用して、1st.PCのビデオカードのアップグレードを行うことにした。狙いをつけたのはAMDのRadeon HD 4850。まあ、旬はちょっと過ぎたチップだけど気になっていたんだよね。

ということで本日も秋葉原に出向き交換。いつもはSAPPHIRE製を買うのだが、ポイント15%キャンペーンに惹かれて玄人指向製を購入。差額16,000円くらい。

帰宅して、早速前のビデオカード(Radeon HD 2600 XT)と交換してみる。初期不良もなく無事動きホッとする。
まあ、久しくPCでゲームをやっていないので、前と比べて目に見えるようなパフォーマンスアップはないね。Vistaのエクスペリエンス インデックスでゲーム用グラフィックスのスコアが5.5→5.9になったくらいか。

結局、3rd.PCのために5千円程度投資したつもりが、2万円を越えるお金をつぎ込むことになってしまった。
ラベル:PC自作
posted by tethys at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | PC自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

九十九電機のパーツ交換保証

先日購入したサブモニタV2400Wをつないだら、3rd.PCの内蔵グラフィックスが、UXGA(1600x1200)までしか対応しておらず、V2400W(1920x1200)に映すと横に伸びた画面となってしまう。

というわけで、昨日診察前にツクモ電機に寄ってビデオカード(AGP)を購入した。WUXGA(1920x1200)が映ればよいのでなるべく安いものを探し、SAPPHIREのRADEON9600 128MBを購入。
チップが古いので、万が一WUXGAが映らないことも考えて、パーツ交換保証を入れた。総額5,005円ナリ。

早速3rd.PCつないで立ち上げてみる。そうしたら、ブート中にエラーが発生し、SATAのBIOSが立ち上がらなくなり、Windowsが起動しなくなってしまった。

ビデオカードを外すと元通り立ち上がる。うーむ、マザーボード(MSI K8MM-V)との相性なのか? ググってみてもそれらしき症状にあっているケースが見あたらない。何せ古いマザーボードだしなあ。

とりあえずパーツ交換保証を活かしてNVIDIA製のビデオカードに交換してみようと思う。性能不足のつもりでパーツ交換保証に入ったが、相性で行使することになりそうだ。何にせよ、パーツ交換保証に入ってて良かった。
ラベル:PC自作
posted by tethys at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | PC自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

さらばRD17G

PCのサブモニタとして使用していた三菱電機製17インチ型CRTモニタ「RD17G」。自分の中では最古参のPCパーツだ。

RD17G.jpg


そのRD17Gを今日限りで引退することにした。
購入したのが'95年4月頃だから13年間使用していたことになる。三菱電機の誇るダイヤモンドトロン管で、対応する水平同期周波数も幅広く、PC-9801のDOS解像度640x400から1280x1024までノンインタレースフリッカーフリーで映すことができる。
購入検討時に店員から「このモニタは別格です」と言われたのが印象的だった。ノンインタレースフリッカーフリーとか、もはや死語だな。

約10万円したのかな、当時学生でアルバイトで貯めて購入したから感慨深い。最初はPC-9801につなぎ、大学を卒業してからは持ち帰ったDOS/Vに変わって、結婚してからはメインを液晶モニタに変えて、それ以降はサブモニタとしてサブPCにつないでいた。住居も2度変わっている。
途中、正常に映らなくなり修理に出したこともあった。2万円近くかかったと記憶している。

映してきたOSも多彩だ。PC-9801用MS-DOS、DOS/V、WindowsもPC-9801・DOS/V用のVer3.1に始まって95/98/Me/2000/XPといろんなOSに対応してくれた。映像ケーブルも普通のRGBケーブルではなく、わざわざBNCケーブルを購入して接続した。PC-9801用のゲームからDVD視聴まで綺麗に映してくれた。

しかし、1280x1024という解像度はHD映像を映すことができない。Friioを使うようになってから用途の限界が見えていた。よって、リプレースすることにした。

さらばRD17G、回収費用は餞別と思うことにするよ。

代わりにやってきたモニタはBenQのV2400W。

V2400W.jpg


NTT-X Storeにて43,800円で購入した。スピーカーが完全に隠れてしまい横倒し。結構圧迫感があるなあ。
ラベル:friio PC自作
posted by tethys at 13:03| Comment(2) | TrackBack(0) | PC自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

Friioを2台つなげて同時録画

昨夜は2時過ぎに就寝して8時半頃起床。睡眠時間はいつもと変わらないな。

今日は先日届いた2台目のFriioをPC(Athlon X2 4850e)につないでみた。USBケーブルの長さは2mでPCに直つなぎだ。
Friioの最初の接続ではウィルスバスターをOFFにしないと認識しないことがケースが多い。OFFにするのを忘れてたがあっさり認識した。

そしていつも使っている録画ソフト「TVRock」の設定にて、「チューナーB」タブで「不利男 B」を設定。これで同時間によるW録画を試してみた。一方を「チューナーA」、もう一方を「チューナーB」に指定して同時刻で予約をセットしてみる。

指定時刻になったら、「Friio HDTV Player」と「Friio HDTV Player B」の二個が立ち上がった。おお、Friioも二つともLEDが赤になった。録画成功だ。むろん生成された2個のtsファイルもちゃんと再生できた。

Friio2台にしてもB-CASカードは1枚でOKだ。事前にいろいろ調べて知っていたことであったが、結構驚き。ドライバソフトを作っている人に感謝したい。

自分のビデオキャプチャPCには、Friioの他にMTVX2006HFというアナログチューナーカードを入れている。SD画質で良くて編集したい番組の録画と、VHSテープからのキャプチャに使用している。言わばトリプルチューナー体制だ。
自分の部屋にはアンテナ元が2つあり、一方を分配器を通じてFriio2台目とMTVX2006HFにつないでいる。

ビデオキャプチャ環境


今日は妻のお兄さんからビデオテープのDVD化の依頼があり、MTVX2006HFが活躍中。要所要所で使い分けられて役に立っているのは気持ちのいいものだ(笑)。
ラベル:friio PC自作 Athlon
posted by tethys at 13:43| Comment(4) | TrackBack(0) | PC自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

Friioマシンの静音化

Friio録画マシン&DNLAサーバとしているAthlon X2 4850eのPC静音化を目的に、パーツを求め秋葉原に行った。

買ったのは以下のアイテム

 CPUクーラー:Scythe OROCHI
 PCケース:Abee balance B640-BK

OROCHIはCore 2 Quad Q6600(TDP 95W)でファンレス動作する報告もあったので、45Wな4850eなら楽勝だろうと前々から目をつけていた。見た目の通り巨大なため、店員からも「ケースによっては入らない場合もあるので気をつけてください」と念を押された。

PCケースbalance B640-BKは、元のケースのファンがうるさいのと、デザインを変えてみたかったため新規購入を決意した。メインPCのケースもAbeeでなじみが深く、アルミではなくスチール素材で値段も手頃だったため、秋葉原に行く前から決めていた。

結果から言うとこれらのパーツ交換で静音化は成功。冷却機構はOROCHIとケース背面ファン、電源ファンだけだが、今のところ2時間ほど録画作業をやらせて熱暴走は無し。音も非常に静かになって大満足。

以下は作業の記録である。

続きを読む
ラベル:Athlon PC自作 Abee Orochi
posted by tethys at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | PC自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

Athlon X2 4850e

先日購入したCPU Athlon X2 4850eはなかなか売れているようだ。TDPが45Wで2.5GHz、あの価格だと欲しい人が多いのも頷ける。近くCPUファンをファンレスのヒートシンクにしてさらに静音化を試してみたい。

自分はPCを3台持っていて、全て自作である。CPUはそれぞれ、

 1st:Core 2 Duo E6600
 2nd:Athlon X2 4850e
 3rd:Turion 64 MT-30

で、TDPがそれぞれ65, 45, 25Wとなっている。ベンチマークを取ると4850eは1stのE6600に比肩する数値をたたき出している。いやあ、やっぱりこれはお買い得だ。
ラベル:PC自作 Athlon
posted by tethys at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | PC自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

何もかもうまくいっていたのに、最後に突き落とされる日

そんな日ってありますよね、ははは…。

くじけてたまるか!

注)本件はうつ病とは関係ありません。
ラベル:GHOST PC自作
posted by tethys at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | PC自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。