2009年07月21日

不妊治療とネコの来訪と

実は今月、体外受精の採卵をする予定だった。しかし、検査の結果ホルモンの値が思わしくなく、採卵は来月に延期となった。

そんなところにプルー子の入居である。

プルートの時は、体外受精を実施したけれど、もう妊娠の可能性が無いとわかってから情報収集を始めた。そして迎えることに相成った。

このように不妊治療が思わしくないとウチにネコがやってくる。

不思議な偶然と思わざるを得ない。

pluto_1427

ペタしてね


posted by tethys at 18:19| Comment(8) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

どうもダメだったみたい

勤務中に妻から受精NGのメールを受け取った。今日ダメなら今回はダメだろう。

採卵の予定日をずらすなど、もともと卵があまり良くなかったのではというのが妻の見解。

次回は7月あたりかな。前向き前向きに。
今日はプルートをおめかしして妻を迎えよう。
posted by tethys at 17:54| Comment(8) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

微妙…

午前中クリニックへ電話したら、受精していないとのこと、また明日連絡してくださいということになった。

これはちょっとダメかなぁ…

ペタしてね
ラベル:家族 体外受精
posted by tethys at 14:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

うまくいくかな?

採卵日。朝一にクリニックに行った。
妻が採卵の手術を受けている間、自分は採精室にて自分で採精(笑)。

手術は30分程度で終わった。
麻酔無しだったけど、妻によるとそれほど痛くなかったそうだ。良かった良かった。麻酔無しだったので、クリニックを後にしたあと、二人でいろいろ出かけた。

そうこうしているうちに、クリニックから妻の携帯に電話がかかってきた。
悪い知らせかと思いきや、自分の精子の質がこれまででもっとも良かったので、顕微授精の必要はなさそうとのことだった。朗報だ。
ならば顕微授精ではなく体外受精でやって下さいと返答させた。自然に受精させるのに越したことはないからね。

実は、自分の精子は、乏精子症というほどではないにせよ量と質において普通の人よりも良くない。これは人工授精をしていたときも常に言われていた。なので、前回の体外受精の時は顕微授精だった。
詳しい数値まだ見ていないけど、顕微授精不要まで到達したのは嬉しい誤算だ。これもエビリファイの性欲亢進作用の結果(まさかね)?

受精したかどうかは明日電話することでわかる。このクリニックでは受精しなかった場合、顕微授精を行わない方針なので、その時はまた体調を整えて採卵まで戻る。

とにかく明日、受精してくれることを祈りたい。

ちなみに休職時、泌尿器科にて自分の性機能に問題がないか調べてもらったところ、自分はやや逆行性射精の傾向があると言われた。それを治すのに提案された薬がアモキサンだった。
結局、その時服用していたので、泌尿器科としてそれ以上手は出せませんとのことだった。
そんな話を今の主治医に話したところ、そういう治療にアモキサンが使われていることを初めて知ったようで興味深そうに耳を傾けていた。

男性の検査は簡単ですから、子供が欲しい男性の方は一度泌尿器科で検査してもらいましょう。
(どういうまとめだ)

ペタしてね

posted by tethys at 17:38| Comment(9) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

採卵日決まる

今日の診察では自分も同行した。

検査の結果、D11で22mmの卵胞を発見、他は15mmが2個程度だった。
採血によるホルモンの結果と併せて、先生と話し合った末、この22mmを1個採卵することに決まった。
前回は、グレードの低い卵を受精させて戻しても妊娠に至らなかったため、これ1個に賭けてみようということになった。

というわけで、予定通り5/5に採卵をする。比較的取りやすい位置にあるらしいので、採卵は麻酔無しでやるという。ひえ〜
自分もその日は採精のために同行する。

うまくいくといいな。
本エントリは妻のチェックを経て掲載しました(笑)。

ペタしてね
ラベル:家族 体外受精
posted by tethys at 13:51| Comment(6) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

体外受精の予定

昨日、妻がクリニックを受診したところ、どうも卵胞の大きさが前回よりも思わしくないとのことで、予定していた採卵日が延期することになった。

自分のところは自然周期法で、前回はD9で18mmの卵胞が4個ほどあったので、D11に採卵した。
しかし今回はD9で10-15mmぐらいのが3個程度しかなく、D11(明日)にもう一度診察して様子を見ることになった。

妻と話し合った結果、取れる卵が1個でも採卵に踏み切ることにした。

とりあえず明日の診察次第だけど、5/5に採卵、平日に受精卵を戻すことになりそう。
平日の朝にクリニックに行って戻した後、そのまま出勤するそうだ。負担をかけてしまってすまぬ。なにしろ現在の月収は妻の方が上だからなあ(苦笑)。

というわけで、無事に済むことを祈りたい。

本エントリは、体外受精・不妊治療に関しては自分は不勉強なので、妻からの聞きかじりの事柄です。ご了承ください。

ペタしてね
ラベル:家族 体外受精
posted by tethys at 08:28| Comment(14) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

おめかしプルート

プルートには首輪などのアクセサリをつけていない。それには理由がある。

大抵、平日は妻のほうが勤めから帰ってくるのが遅い。帰ってくるまでの間、自分はブログを更新したりプルートと遊んだりしている。

昨日、妻から帰るメールを受け取ったら、どうも疲れていて機嫌が悪い様子。こういうときは下手にいたわりの声をかけると地雷を踏む。

そんなときはプルートの出番である。ただしいつものプルートでは毎日世話しているのだから癒し効果が薄い。

そこでプルートに、余っているリボンを使って簡単な首輪を作る。首輪をつけるときにプルートはとても嫌がるが、そこは我慢してもらう(すまん)。

帰宅した妻は、ドレスアップ(?)したプルート見て大喜び。もくろみは成功だ(笑)。

大喜び


そういうわけで、普段のプルートはアクセサリをつけていないのだ。

参考:プルートの存在

ペタしてね

posted by tethys at 18:02| Comment(7) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

次の採卵日

パブロンSゴールド微粒を朝昼飲んだおかげか、熱も微熱(36度5分)になり、少し咳をする程度で体調も良くなってきた。

熱で思い出したのだけど、妻が先日クリニックに行った結果、採卵日はゴールデンウィークの初日になりそうだ。

妻は今月下旬から薬を飲み始め、採卵日にあわせて体調を整えることになる。

前回うまくいかなかってから、一応、タイミング療法で試みているのだけど、ことごとく結果はNG。

妻は毎朝体温を測っているので、頃合いを見計らって妻に尋ねると、「安心して。バッチリ(基礎体温が)下がったから」とニッコリお返事。
その笑顔が怖いです…。

熱を測ってふと思い出したのであった(笑)。

ラベル:家族 体外受精
posted by tethys at 18:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

結果

ダメでした…。

妻からは誕生日まで妊娠しないときは退職すると言われた。

正直言って、自分の収入だけで支えていけるか自信なし。

悪いことは予想しないようにしよう。
採卵から再スタート。妻の誕生日(秋)までにどうか子供ができますように。
人ごとじゃない、自分も体調を整えなければ。
ラベル:体外受精 家族
posted by tethys at 21:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

2回目

妻は今夜、2回目の胚移植。

前回から久しぶりだけど、これも妻の体調と相談した結果。

今度はうまくいきますように。
ラベル:体外受精 家族
posted by tethys at 19:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

キムチ鍋

結婚するまで親元暮らしだったため、自分はほとんど自炊をしたことがない。
自分が妻にふるまえるのは焼きそばぐらいなものだ。

というわけで、今日は自分が作る料理第二弾としてキムチ鍋を作ることになった。
妻に野菜の切り方を教わりながら、鍋にぶち込んでいく。
まあ、切って入れるだけだから料理とはいえないかもしれない(笑)。

とにもかくにも、特に失敗せず作ることができた。
ただ、妻に細かいところを訊きながらだったので、妻は「作ってもらった気がしない」とのことだった(笑)。

今後は鍋のレパートリーを増やしていこうかな。
ラベル:家族
posted by tethys at 20:29| Comment(5) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

初詣

元旦は近所の神社で簡単な初詣をすませたが、今日はそれなりの寺社にいって本格的(?)な初詣に出かけた。

出かけたのは水天宮浅草寺

水天宮では今年こそ子供が授かるようにお願いした…ってもう3回か4回目だけどね。
どうか子供が授かりますように。

浅草寺は自分の昔からのこだわりで毎年出かけている。三が日を避けているのは、三が日は入場者が多く入場規制(柵が設けられている)していて、参拝するのが大変だからだ。
ところが今年は4日の今日が日曜日だったため、柵が設けられていた。参拝するにはかなり並ばなくてはならない。結局参拝は断念した。また後日一人で行こう。

結局浅草では出店のお好み焼きを食べるだけで後にした。
このお好み焼きも、毎年いたお店が無くなっていた。「広島風お好み焼き」と看板を掲げながらも、焼きそばが入っていないおいしいお好み焼きだったので残念。

そんなわけで半分不完全燃焼なお参りだった。まあでもとりあえず今年は子供が授かればいいかな。
ラベル:家族
posted by tethys at 18:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

プルートの存在

プルートがウチに来てから20日以上過ぎた。960gだった体重は今や1450gとなり、成長真っ盛りである。

我々二人にとってプルートの存在は非常に大きい。何よりも癒してくれる。

今プルートに一番感謝したいのは、妻の癒しの存在になってくれたことだ。

昨日までの2泊3日の出張の準備で、妻は先月中忙しい毎日を送っていた。たぶん今までで一番忙しかったと思う。定時退社の自分が帰宅してから、妻が帰ってくるまで4時間近いギャップがある日もあった。

プルートがウチに来るまでは、妻が残業で帰ってくると大抵は仏頂面で、機嫌が悪い日がほとんどだった。二言目には「(退職させて)養ってちょうだい」と言われていた。正直言って今の自分の状態ではとても養う自信がない。そんなわけで妻の機嫌の悪い日は顔色をうかがうような態度になってしまい、それが返って妻に気に障っていたようだった。

ところがプルートが来てから、妻は帰宅するなり「ぷる〜」と声をかけながらプルートに駆け寄るようになった。仏頂面も消えた。プルートとのスキンシップで精神的な疲れが癒されているようだった。

自分にはできないプルートの魔法だ。本当に感謝感謝である。

えっへんにゃ


他にプルートが来て変わったことは、自分の一種の価値観である。

自分は妙な潔癖症で、子供が生まれてもオムツの世話なんてとてもできないと思い込んでいた。ところが、今はプルートの粗相を特に嫌がることなく後始末ができるようになっている。

なんというか、妙に自信が出てきた。早く子供が欲しいな。
ラベル:ネコ 家族
posted by tethys at 13:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

妻が

ネコを飼いたいと言い出し始めた。先日の超音波検査でほとんど妊娠の見込みがないとわかってから、ネコ関係の書籍を5〜6冊買っている。子作りはまだあきらめていないものの、こっちもかなり本気のようだ。
今日も、自分が昼寝をしている間にペットショップへ行ってネコを見てきたらしい。

ネコを飼うのは、やぶさかではないんだけど…AV機器とどうやって同居させるかが問題だな。いや、他にもいろいろあるんだが個人的にはこれが重要課題だ。
妻からは「年に数回しか使わないAV機器と、毎日飼うネコのどっちが重要だと思っているのよ?」と詰め寄られたが、こっちもこだわりがあるので譲れない。

まあ、普段はスピーカーにカバーをかぶせているから、ケーブルをかじられるぐらいしか懸念はないかな?

そんなわけで、近いうちに家族が増えるかもしれない。
ラベル:家族 ネコ
posted by tethys at 19:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

移植の結果

この前書いた通り無事移植はできたものの、その後の超音波検査でほとんど育っていないことがわかり、今回も流れてしまいました。稽留流産です。

妻は昨日、流産の手術をしました。

今後どうするかは来週医者と相談します。

残念だけど、また次に向かって準備をしなきゃね。

以上、報告でした。
ラベル:家族 体外受精
posted by tethys at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

移植完了

先日、採卵した卵は全て受精し、スクスク育ったと連絡があった。

先ほど妻から連絡があり、無事移植完了とのこと。

前にも書いた通り、この先の結果を知らせるかは未定です。

問題なくいってくれることを祈りたい。
ラベル:体外受精 家族
posted by tethys at 20:48| Comment(3) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

採卵

今日は妻の採卵につきあった。

9時頃にクリニックに到着し、すぐに準備開始。採卵は麻酔をかけて行うので、妻が麻酔から起きてくるのが12時近く。外は暑いので自分は待合室で「世界樹の迷宮」をやりながら待つことにした。

妻が起き上がった後、先生から呼ばれ結果を知らされた。採卵は4個で、Goodが無く全てがFairとなり、悪くはないものの良くもない結果となった。診断は厳しめにしているらしいので結果はあまり気にしなくて良いとは言われた。

持ち込んだ精子の運動率もまあまあな結果で、顕微鏡受精と普通の体外受精半々となるみたいだ。

順調にいけば20日に受精卵を体内に戻す予定だ。今は無事受精してくれることを祈るだけだ。
posted by tethys at 18:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

挑戦の始まり

挑戦といっても、負担が大きいのは妻の方だけど。

自分ら夫婦には子供がいない。
昨年妊娠に至ったのだが、残念ながら流産してしまった。

以降、タイミング療法や人工授精に何度かトライしているものの、未だに授かっていない。

妻も高齢出産に近い年齢となり、ついに体外受精を行う決断をした。

先月から妻の体の調整を始め、今日妻の生理が始まり、早速診察して血液のホルモン検査がOKとなった。よって来週末には採卵となる予定だ。

体外受精でも妊娠する確率は決して高くない。でも子供が欲しい気持ちをあきらめることはできない。
自分が抗うつ剤にSSRIを避けるのはこのためである。

体外受精の結果をこのブログで知らせるかどうかは未定だ。

子供が生まれて育ったときに、自分が健康な父親になっていることを願いたい。

…とその前に、自分の性機能が心配である(笑)。
posted by tethys at 21:20| Comment(8) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。