2009年06月18日

バウンス撮影

先日、「スピードライト 270EX」という外付けストロボを購入しました。

スピードライト 270EX



手に入れるまでちょっと苦労をしました。最初に注文したAmazonからは1週間待たされたあげく、勝手にキャンセルされ、たまたま寄ったビックカメラで偶然売られているのを見つけました。
これを書いている今、Amazonに在庫があるようなので、だいぶ出回ってきたということでしょうか。

これを購入したのはプルートをバウンス撮影したかったからです。
バウンス撮影とは、ストロボを直接対象に当てるのではなく、壁や天井に当てて間接的に光を当てる方法です。

プルートの撮影には、目に負担がかかるから直接光を当てる内蔵のストロボは使えません。そこで270EXの出番となります。

これがストロボ無し。

にゃ?


これが270EXでバウンス撮影をしたプルート。雑多な光がバウンス光にかき消されて、プルートの質感が向上してい(るように見え)ます。
光ったにゃ!


270EXのいいところは、バウンスの角度を60〜90度に変えられることです。つまり、真上に光を当てたり、ちょっと角度を変えて撮影することもできます。

これは90度(真上)にバウンスしたとき。
んにゃ?


こっちは60度ぐらい。雰囲気がまるで違ってきます。
また光ったにゃ!


そして最大のメリットは、素人の自分でも単焦点レンズで容易にそれなりにきれいな写真を撮ることができるようになったことです。
これまで単焦点レンズだと、いいときにはとても良い写真が撮れたのですけど、悪いときは本当にボケボケな写真しか撮れませんでした。
270EXを得たことによって、この打率がぐーんと上がりました。プルートも引き締まって見えます。
デブだけど


ついでに、今までオートでお任せだったフォーカスを、中心だけにするようにマニュアル設定しました。これも貢献していると思います。

ああ、こういうのを撮れちゃうと、もっとグレードの高い単焦点レンズが欲しくなるんだな〜

参考にしたサイト
http://xylocopal2.exblog.jp/6980454/

ペタしてね
posted by tethys at 18:45| Comment(10) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

レンズいろいろ

数日前の話ですが、職場の同僚から、タムロンのModel A16(SP AF 17-50mm F2.8 Di II)を一晩借りることができました。

SP AF 17-50mm F2.8 Di II


これはそれで撮ったプルート写真。ちょっとロシアンスマイルが見えました(笑)。

たまにはそっち向いてやるにゃ


どの焦点距離でもF2.8という明るさはすごいですね。シャッタースピードがどこで撮っても速いです。
AF時に独特の音がするのですが、プルートは気にもとめませんでした。なので、仮にこのレンズを購入してもそれほど心配は要りません。収穫でした。

しかーし、自分の腕ではなかなか満足のいく写真が撮れませんでした。まだまだ腕が未熟でこのレンズの良さを引き出していない感じです。大変魅力的なレンズですが、とりあえずは標準レンズで腕を磨きたいと思います。

一方、先日単焦点レンズ(キヤノン 50mm F1.8 II)をお手頃価格でオークション落札して入手しました。

50mm F1.8 II


撮った写真はこんな感じです。
ちなみに非常にわかりにくいのですが、プルート伯爵(美臣さん命名)の衣装を身につけています(笑)。

また我輩かにゃ


これは切り取ったのでイマイチよくわからないのですが、背景のボケ味がいい感じです。こちらも精進あるのみ。

現在、職場の昼休みはレンズカタログを読みあさってます。どんどんはまっていくなぁ。

ペタしてね
posted by tethys at 08:33| Comment(10) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

ふふふのふ

ついに買っちゃった、EOS Kiss X3レンズキット! 届いたのは13日だけどね。ちなみに元々計画していたもので、軽躁で衝動買いしたわけではないですよ!

kiss_x3.jpg


当初はボディのみをAmazonで注文したのだけど、納期1週間で全く発送される気配がなかったから、注文を取り消して、価格.comで調べて、購入した実績のあるECカレントで購入した。
ミッドナイトセール中にポチッて購入価格は79,523円。

13日の夜に届いて早速バッテリーを充電、ストロボ禁止以外は何も設定せずにとりあえず撮ってみたのがこれ(サイズは縮小しています クリックすると拡大されます)。

またモデルは我輩かにゃ


ええい、キヤノンのデジタル一眼レフは化け物か!

これまで使ってきたカメラと違って、感度がものすごい。どんなに暗いところでも撮れちゃう感じ。今まで夜の室内撮影で使っていたコンパクトデジカメ(IXY DIGITAL 910 IS)だとノイズが載っていたけどそれが全くなくなっている。
というか、目で見ているより写真の方が明るいよ。すげーな。エンジニア的視点ではDIGIC 4恐るべしといったところ。

ピカピカの一眼レフ初心者なので(笑)、ひまわりさんから紹介された本を読んで目下勉強中。

勉強です


とりあえず、本のオススメに従って高輝度側・階調優先を「する」に設定した。これは職場の同僚も勧めていた設定だ。

目玉の動画機能は、室内撮影がメインの自分にとっては、画質はまあそれなりと言ったところ。具体的にはちょっとノイジー。屋外で昼間録るとまた印象が違ってくるのだろう。

動画機能で気になったのは、録画した動画ファイルがPC(VLC media player)ではOKなのにPS3では再生できないことだ。そもそも保存されたファイルの拡張子(MOV)は認識されず、MP4に拡張子を変えることでファイルは認識したが、PS3からは破損ファイルとなって再生できない。
これはSCE、キヤノン、どっちのサポートに問い合わせた方がいいのかな?

届いてから4日間で、もう100枚以上プルートを撮っている。これからも撮りまくって腕を上げるぞ!
つーか、レンズキャップをどっかになくしちゃったよ。自分、浮かれすぎ!!

ペタしてね
posted by tethys at 00:02| Comment(17) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

単焦点レンズは難しい

職場の同僚からデジタル一眼レフのキヤノン EOS Kiss デジタル(初代)をお借りしている。

普段はコンパクトデジカメでプルートを撮影しているが、休日の昼間など明るいときにはこれを使って撮影している。自分の気のせいかもしれないけど、コンパクトデジカメにはない奥行きのある写真が得られている。

「夜でもこれで撮ってみたいですねー」と彼に話したら、単焦点レンズを貸してくれた。

これでプルートを撮影しているだが、これがなかなか難しい。
背景は加工の必要のないほどきれいにボケてくれるのだが、ピントを合わせるのが難しい。たくさんシャッターを切って、ベストショットを選ぶ感じだ。

下は、たくさんある中で比較的うまく取れたなと思った写真。サイズ変更以外は手を加えてません。
ぼー


でも、レンズの交換でここまで違うのは驚き。さすが一眼レフ。
どんどんプルート写真にはまりつつあります。

ペタしてね
posted by tethys at 11:44| Comment(11) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする