2012年06月22日

好転しない(?)就職活動

なかなか就職が決まりません。

これは、と思った企業から書類選考を落選し、かなりガックリきたものの、
それは一時的な感情で終わり、すぐに次の企業応募に取り組むといった
割り切りができるようになりました。

といっても、一社ずつの攻略ではなく、多くの企業を同時応募しています。
まずは面接にたどり着けないとどうしようもありませんからね。
でも、結構絞り込みはしています。口コミ情報は見ずに、自分の頭だけで判断します。
その程度の経験は積みました。

自分の業界では、今月になってかなり求人が増えてきており、
今年中には何とか引っかかりそうかなという淡い期待を抱いております。
まあ、リーマン・ショック級の経済の打撃があったら、もうどうしようもないですが。

自分はエンジニアなので、年齢と職務経歴のブランクが大変なマイナス要素となります。
しかし、ブランクはフットワークの軽さともいえますので、
企業に勤めながら転職活動している人とは、求人に対する反応は若干有利と言えます。
そして、転職エージェント経由なら、エージェントと密に話すことも可能です。

主治医にも状況をなるべく重要なところは伝え、判断も仰いでおります。
薬の服用はまだまだ続いており、自己判断で中止とか、しておりません。

というわけで、まあ、未だに内定はありませんが、状況はやや上向きかもしれません。
がんばります。


posted by tethys at 15:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 無職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

なかなか好転しない就職活動

昨日、若干頼りにしている転職エージェントから、
全部ではないが、多くの企業から書類選考落ちのメールがあった。

さすがにショックだったものの、結果としては受け入れるほかなく、今後の対策を練っていかなくてはならない。
とはいえ、面接すら進めないとはねぇ。

原因の分析したくても、情報を十分得られないのがつらいところだ。
落選理由の多くは、「他の応募者と相対比較した結果」という但し書きによるもの。

どの要素を比較したかは、自分にとってかなり重要であるが、企業からここについて回答を得られるのは
まれであろう。エージェントが手抜きしている可能性も否定できないが、まあそこま考えても仕方ない。
例えば、年齢ならばどうにもならないけど、スキル面であったら、自分に何が足らないのか推測ができる。
こういったことも含めて相対比較なので、不足な点を補うようにアピールを修正したい。
しかし、そういった情報がないと、今後どうすべきか当たりをつけていくしかなく、それが難しいところだ。
もっとも、応募者が増えていることは間違いないであろう。

あと、「現時点で経験を活かせる案件がない」というのもある。
これは派遣会社関係でよくある理由で、とりあえず案件がないから、待機を出したくないため
今回は見送りという感じだ。
これは、解釈のしようによっては、案件があったなら雇ってやるとも解釈できる。
こういった会社には、直接メールで連絡をしてみた。

就職活動にあたって一番難しいのは、無職のブランクが長くなるほど不利になっていくことだろう。
これは年齢的に不利になるばかりでなく、キャリア面も錆びついていってしまうことだ。
いくら無職で勉強していますといっても、実績がないとどうしようもない。
自分が希望する企業・業界では、資格関係はほとんど重視されない、よって、資格取得に時間をかけても直接就職には結びつかないであろう。

とまあ、厳しい見通しである。
といはいうものの、タイミングや運といった要素は無視できないので、もう少しこの業界で
チャレンジしていくつもりだ(現状だと、この業界は他の応募者がどんどん増えていくけれども)。

長々と書いてきたが、結局言いたいことは、今現在において、
病気が原因で休職している人たちは、不可避な場合を除き、会社を辞めてはいけないということだ。
転職を考えていても、内定を得るまでは、会社は辞めてはいけない。

あきらめないと言うのは簡単だけど、それを維持・実践するのは難しいことだ。
だが、無能な自分としては、その道を選ぶしかない。
posted by tethys at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 無職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

病名が変わりました。

手帳や年金申請の時に診断書をいただいたわけでありますが、
その課程で封を切られ、図らずも病名に「双極性障害」と書かれていました。

先日、改めて診察でうかがったところ、先生の認識も間違いないことがわかりました。

双極性障害、つまり、躁うつ病ですね。

まあ、思い当たる節がありすぎるので、主治医からそういった判断されたことで、むしろ安心しております。
で、改めて、躁うつ病ということで、気をつけるべき点を尋ねたところ、
ブレーキを適切にかけるようにということでした。早口・多弁といったところでしょうね。
まだ、躁うつ病対策の薬は必要ないとのこと。
とうことで、薬としては現状維持。

まあ、病名が変わったわけですが、プロフィールその他は面倒なので変えません。
今後の活動において、この病名の変化が特に大きな影響を与えるわけでも無さそうですし、
自分でも意外なほど、ショックもありませんでした。

まあ、病名のような有形ではないものには拘泥せず、
自分が生きるにあたって、適切な処置ができるように今後も心していきたいところですね。

問題は躁を抑えるにあたって、頓服のようなものにあたる薬が今のところ見当たらないといったところでしょうか。
posted by tethys at 19:56| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

障害者年金を申請しました。

せっかくなら(いやいや、本当に困っているので)障害者年金の申請を行いました。

いやはや評判の通り、非常に面倒でした。
忘れないうちに、記録を残しておきたいと思います。

続きを読む
posted by tethys at 18:27| Comment(2) | TrackBack(1) | 無職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

精神障害者手帳の等級変更の申請を行いました。

世を覆うのは不景気なニュースばかり。

就職に関してはあまり焦ってはいないものの、動けるうちに公的サービスを
申請した方がいいかなと感じ、動いてみることにしました。

というわけで、精神障害者手帳の等級変更を申請しました。
今持っているのが3級で、2級以上を考えています。

将来何が起こるかわかりません。
動けるうちに、資格があるなら可能な限りの手を打っていくべきかなと思いました。

もっとも、等級変更は個人的にかなり厳しいと思いますが…。
posted by tethys at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 無職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

就職活動でわかったいろいろなこと。

就職活動は、先月は結構なジェットコースターな日々を送っていました。

最初の転職は、エージェント会社一社で無事転職。
二回目は、そのエージェント会社が全くやる気がなく、自分が技術者向け転職フェアに足を運んで自分を売り込み、すったもんだした挙げ句、再就職。
今回は、色んなエージェント会社に接触して、基本的にメールベースで話を進めています。

基本的には、仮に内定がもらえても、即入社しろって言われたら対応できかねるので、
この辺は落ち着いて進めたいところです。

で、メンへラーとして、就職活動していますが、いろいろなことがわかり、経験になりました。
自分なりに感じたことを列挙していきましょう。


 ○メンへラーの雇用(障害者枠)は大企業であればあるほど採用してくれない傾向にある。
   Webサイトだと障害者雇用に関して、いわゆる大企業は採用を大々的に宣伝していますが、
  精神障害者は基本的に門前払いです。大企業でも外資系は応答は速いですけど、
  日本の企業は数週間待たされた挙げ句、門前払い。日本企業が心配ですね。

 ○障害者枠は応募者が殺到している。
   障害者向け企業紹介サービスがあります。「障がい者採用に積極的な優良企業をご紹介しています。」
  という売り文句で、障害者なら安心して任せられそうですが、一度訪問してキャリアカウンセリングが
  必須であり、これが大変な順番待ちで、「ただいま面談日程が大変混雑しており、ご案内できる日程が
  無い状況です。」という返事が来ました。
   4月上旬に申し込み、この返答。電話してみたところ「運がよくて最短でも7月」と言われました。
  その間餓死してろとでも言いたいのでしょうかね。
   ですが、自分で動けるのであれば、障害者向けに定期的にセミナーをやっているので、
  カウンセリングを待たずとも、積極的に動くことが可能です。セミナーの企業では、非常に有名な
  企業もいる場合もあるので、まずはWebで探してみても損はないと思います。

 ○エージェント会社は様々で愉快です。
   転職エージェントの出会いは本当に運に左右されると行っても過言ではありません。
  どんなにWebサイトで美麗字句を並べても、エージェントにやる気がないと台無しになります。
  これに関しては、いくつか列挙していきましょう。

  ・有名エージェント会社のやる気のないエージェント
    まず求人を紹介してくれません。こっちから必死にアピールしても危機感ゼロ。
   履歴書・職務経歴書を企業に渡すことだけが仕事と思っている人たちです。
   このように感じたら、リクエストして、エージェントをチェンジしてもらいましょう。

  ・横の連携のない有名エージェント会社
    有名なのでエージェントがたくさんいらっしゃると感じておりますが、お互い協力して
   求職者に求人を紹介する気がなさそうです。というのも、同じエージェント会社で同じ求人を
   それぞれ別のエージェントが提案してくるのです。苦笑せざるを得ませんでした。
    この会社は登録してしばらく放置され、「tethys様の所望の業界は大変厳しく求人がありません。
   しばらくお待ち下さい」とメールが来ました。「サービス退会しろってこと?」と返答したら、
   あちらが焦ったらしく、「そうではありません!○○まで業界を広げてくれたら弊社と面談可能です」
   と返答が来たから、そこを妥協して、ようやく面談にこぎ着けました。
    しかし、実際に面談したエージェントさんが非常に優秀で、自分の職務経歴書を熟読してくれたようで
   自分の所望する求人を提案して下さいました。上記のメールのやり取りをその方に伝えたところ、
   全く耳に入っていなかったとのこと。本当に横の連携が心配です。
    結局、このエージェントさんからの紹介だけを信用することとし、同社の他の方からの求人は無視することと
   しました。今でも毎日のようにこのエージェントさん以外から求人紹介メールが来ます。

  ・いざメンへラーと知ると腰の引けるエージェント
    こういった会社は腐るほどあるので、いちいち個別エピソードは紹介しません。
   デフォルトと思った方がイイです。

  ・詐称をやらせようとするエージェント会社
    ある大企業へ紹介してやるというエージェント会社がいました。しかし、自分が作成した職務経歴書にある
   休職期間が気になるようでした。曰く「プロジェクト期間を広げて休職期間を埋めろ」。
   とてもそのようなことはできないので「休職期間は埋めません。しかし休職理由は伏せます。面接時に休職期間を
   尋ねられたら答えます」と答えたところ、急にフェイドアウト。曰く、「この企業に限らず、一部上場企業は
   メンへラー経験者は絶対中途採用しない」だそうです。さて事実はどこまでやら。

  ・応募の意志のある求人を奪って、その後の連絡の無いエージェント会社
    このエージェントさんは結構なお年寄りで、自分のことを心配して下さったようでした。
   ただ、外資に対して非常に偏見があり、求人は外資系だったのですけど、
   「あなたに外資系はおすすめできない」と言われた挙げ句、その求人に応募すらできませんでした。
   その後、連絡はありません。

  ・技術者を本気で心配してくれているエージェント会社
    このエージェント会社は登録後行動が素早かったです。エージェントさんは自分にとても親切で、
   英語のレジュメのテンプレートを提供していただいたり、あらかじめ提出した職務経歴書を見て
   「この程度の技術者は掃いて捨てるほどいる。このようなスキルは当たり前。あなたの強みをもっと前面に押し出しなさい」
   と再提出を命じられました。
    おかげで職務経歴書に対する自分の考え方がかなり変わり、とても参考になりました。
   応募先が近所の某半島が本社の巨大企業だったのでしたが、結果は門前払いでした。
   でも、門前払いの理由も明確にしてくれたし、貴重な体験となりました。
   現在は連絡してくれませんけど。

というわけで、愉快な思いはしていますが、未だに内定もらえていません(苦笑)。

ただ実感しているのは、手帳とか持っている障害者であっても、就職への道は大変厳しいということです。
もちろん、就職がゴールでなく、そこがスタートという気持ちを忘れてはいけません。

以上を踏まえた上で、就職に向けた工夫を紹介しておきます。ライフハック(笑)!

 ・中途における就職は、自分の方向性と会社の求める方向性のマッチが全て。
   これは大原則です。目的もなく応募しても門前払いですし、万が一就職できても、遠からずお互い不幸になります。

 ・職務経歴書は応募する会社に合わせて内容を変える。
   特に自己PRです。会社の求める人物像を研究し、それに応えられるような内容で、会社別にカスタマイズするといいです。

 ・エージェントが自分の専門分野をどの程度理解しているか、ふるいにかける。
   エージェントが分野に無知なら目を覆うしかありません。軽くキーワードを振って、即答できるエージェントでないと
  面接すら難しいでしょう。なにも全部知っておく必要はありませんが、トレンドのキーワードを知っている、あるいは
  教えてあげるといいと思います。

・電話相談しかしない(面談しない)会社は敬遠した方が良い
   自分を売り込むのに、電話だけだったら、十分にアピールすることはできません。
  メールだけなら論外です。最初のコンタクトは必ず直接会ってみましょう。こちらのことを十分に
  理解してもらえますし、お互いに使えるか使えないかが判断できるので、時間の無駄にならずに済みます。

  
ということで、まだ内定はありませんが、がんばります。
posted by tethys at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 無職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

失職しました。

題名の通りです。

今月より職を失っています。

まあ、あまり実感もなく、むしろ自由な時間が増えたと今は思っており、
そう悲観はしていないのですが、収入がないのは事実。
早急に解決すべくいろいろ活動しているところです。

とはいえ、いつでも就職活動だけでは疲れてしまうので、
自分なりのスキルを磨くとか、教養を得るとかいろいろしています。

無職になったから、というわけではありませんが、
今月より放送大学の科目履修生となりました。
ヨーロッパの歴史と文化を学んでいます。
いろいろ面白く、歴史が現在の事象と密接に関係していることがよくわかります。

スキル面では、放送大学の学生という身分を活かし、ツール類や環境を整え、
勉強しやすいようにしています。もっぱらの課題は机の周りの整理でしょうか。

あとは無職期間中、いかに気持ちを切らさないかが勝負ですね。
そのためには、ありきたりですが、早寝早起きの生活リズムは崩さないようにしています。
昼寝も可能な限り控えております。

無力期間がいつ終わるのか、また終わらずに人生が終わるかもしれません。
まあ、そんな気持ちでこれからも取り組む所存であります。


posted by tethys at 08:17| Comment(6) | TrackBack(0) | 無職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

トリプタノールがなくなる

先日の診察の結果、トリプタノールがなくなった。

が、とっちかと言うと、上がり過ぎを抑えるといった意味合いが強い。

詳しくはかけないけれども、とにもかくにも今月は激動になっている。
それに対して、あまりにも行動しすぎなのを指摘された。

というわけで、次の診察の結果によっては
気分安定化薬の導入となりそうだ。

というわけで、現在飲んでいる抗うつ剤はサインバルタのみ。
まあ、思えば遠くに来たものだ(笑)。
posted by tethys at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

通院をすっぽかしたorz

やってはいけないことをやってしまった…。

ここのところ、仕事も順調で関心事も異常なくらい広まっているから、
危ないなとは思っていたところにやらかしてしまった。
その日のうちに気づいて、電話でお詫びしてリスケジュールした。

まあ、言い訳すると、派遣先のPCをほかのPCに引っ越すことになっていたので
スケジュールソフトを入れ忘れていたのがそもそもの原因。
それまでは常時起動させてすぐ確認できたのに、すっかり忘れてた。

幸いなことに、リスケジュールした通院日まで薬は残っている。
調子いいからといって、薬を飲み忘れてはいけない。
それは最も忌むべきこと。

ちょっと睡眠関係が乱れ気味だったから、その辺の調整をしたかった。
あーあ。
ラベル:うつ病
posted by tethys at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

失職予定。

見出しはやや演出です。

三月末で、今の派遣先との契約は終了することになりました。
派遣会社は席を置いているものの、今のところ4月以降は仕事がない=収入がない状態になります。

派遣先が自分に不満を持っていたのか、
それとも不景気で正社員を保護するために自分を切ったのか、
知る術はありませんが、それを悔いても始まりません。現実は受け入れるのみ。
むしろ、自分の技術力の立ち位置と、ニーズを知る上でいい勉強になりました。

むしろ、4月以降収入になることの方が大問題。
とりあえず、仕事をいただけるように営業さんに依頼をする一方で、
何らかの個人的に選択肢は控えておこうかなと思っています。
たぶん公開はしませんが、それなりに活動していく予定です。

できれば望む仕事内容でいきたいですけれど、
将来のことを考えすぎて、目先のご飯が食べられなくなる状況は避けないといけません。
この辺りが難しいところです。

まだまだ病気再発の恐れもあります。
とりあえず、この事態は今現在受け入れて消化することができましたが、
これから先もそうかという保証はありません。

主治医に相談しつつ、メンタル面での転落を防止すべく全力で頑張ります。
ラベル:うつ病 転職
posted by tethys at 21:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 無職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。